Menu
(0)

Search

『ザ・スーサイド・スクワッド』悪党たちは「殺し合う」、ジェームズ・ガンがサプライズを示唆 ─ 「誰を死なせてもいいと言われた」

https://www.instagram.com/p/CGsSjhMhZS8/

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督によるDC映画ザ・スーサイド・スクワッドでは、入念に仕掛けられているであろう驚きの展開に警戒せよ。ガン監督は英Empireにて、同じく“チームもの”であるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとの違いに触れながら、サプライズの存在を示唆している。

「ご存知のとおり、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは、ほとんど最初から全員が善人です。ネビュラは別にして」。この言葉通り、スター・ロードやガモーラ、ドラックス、ガモーラ、ロケット、グルートは、銀河の外れ者たちでこそあるが、その心根は温かく優しい。しかしスーサイド・スクワッドの場合、彼らはDCコミックスの誇る悪党集団なのだ。

「『ザ・スーサイド・スクワッド』の場合、最後には善人になる者もいますが、最後までひどいやつもいる。ただ戦いに参加するだけじゃなく、互いに殺し合うことになるんですよ。彼らは戦いの中で殺し合うわけですから、誰が生き延びて、誰が死ぬのかはまったくわからないと思います。DCからは、誰を死なせてもいいという完全な自由を与えられたので。」

本作には2016年のデヴィッド・エアー版『スーサイド・スクワッド』から、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインやジョエル・キナマン演じるリック・フラッグ、ジェイ・コートニー演じるキャプテン・ブーメランらが復帰。まさかハーレイが死ぬことはなかろう……と思ってしまうものの、もしも独立した世界観なのだとすれば、「誰を死なせてもいい」以上は油断ならない。

また新キャラクターを演じるのは、イドリス・エルバやジョン・シナ、デヴィッド・ダストマルチャン、マイケル・ルーカー、ショーン・ガンといった実力も個性も強すぎる顔ぶれだ。Empireはチームが勢ぞろいしたビジュアルや場面写真もいち早く公開している。

この投稿をInstagramで見る

Empire Magazine(@empiremagazine)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Empire Magazine(@empiremagazine)がシェアした投稿

ところでガン監督は、自身の『ザ・スーサイド・スクワッド』は「独立した作品」だと述べながら、「前作と矛盾するものではないと思います。ささいなところでは…あるかもしれないけれど…わからないですね」と言葉を濁し気味のコメントを残している。続編でもなくリブートでもない、本作の確たる位置づけは観てのお楽しみだ。

ちなみに前作を手がけたデヴィッド・エアー監督は、スタジオの意向により、自身の構想通りに作品が仕上がらなかったことを認めている。これを受けて、ガン監督は「デヴィッドが公開したかった作品にならなかったことは分かっています」と理解を示しながら「彼はひとつ素晴らしい仕事をしていました」と話した。「素晴らしい俳優を選び、ともに大胆かつ深みのあるキャラクターを作り上げた。それは称えられるべきことだし、それがこの映画にも活きていますから」

映画『ザ・スーサイド・スクワッド(原題:The Suicide Squad)』は2021年8月6日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source: Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly