Menu
(0)

Search

ニコラス・ケイジがニコラス・ケイジ演じる映画、各国吹替版ニコラス・ケイジが披露されるも日本版ニコラス・ケイジはなし

https://twitter.com/Lionsgate/status/1492528930422616066

ニコラス・ケイジがニコラス・ケイジ役を演じるアクション・コメディ映画『The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)』より、お気に入りの映画を祝うための日「Global Movie Day」に因んだスペシャル映像が公開された。本作のニコラス・ケイジが世界各国の吹替版とともに映し出される映像なのだが、残念ながらそこに日本語吹替版が入っていないのである。

映像で紹介されるのは、韓国、ブラジル、ポーランド、スペイン、フランス、ドイツ、ロシア、フィンランド、イタリアの吹替版ニコラス・ケイジ。本作はアメリカ含め13の地域で2022年4月より公開予定で、この度の映像に登場した9カ国では各国の吹替版も制作されるということなのだろう。ここに日本が入っていないということは、現時点で本作の日本公開は決定していないらしいということである。

ニコラス・ケイジの日本語吹替といえば、これまで主に大塚明夫が担当し、ほか山路和弘や速水奨といった声優が務めてきた。願わくば日本版ニコラス・ケイジの声も加わって欲しかったものだが、事情が間に合わなかったのだろう。

この映画のニコラス・ケイジは経済的危機を迎えており、ニコラス・ケイジの大ファンだというメキシコ人億万長者の男のバースデー・パーティーに登場する仕事を、100万ドルのギャラでしぶしぶ引き受ける。ニコラス・ケイジと男との絆が深まったころ、その正体は麻薬カルテルの大ボスであり、アメリカ政府からの依頼でメキシコ大統領候補の娘を誘拐していたことが判明。危険な状況に陥ったニコラス・ケイジは、一世一代の「大役」として振る舞うことになり……。

現時点で『The Unbearable Weight of Massive Talent(原題)』の日本上陸予定は不明だが、日本語吹替版とあわせてぜひ希望したいものである。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly