Menu
(0)

Search

【ネタバレ】「ウォーキング・デッド」最終話解説 ─ ラストのセリフの意味、残された謎

ウォーキング・デッド
Jace Downs/AMC

この記事には、「ウォーキング・デッド」のネタバレが含まれています。

ウォーキング・デッド
Jace Downs/AMC

最終話、残された謎

「ウォーキング・デッド」のフィナーレには、まだいくつかの疑問点が存在する。その内のひとつがミショーンの服装だ。最後にミショーンは馬に乗って刀を掲げ、ウォーカーの大群に向かっていく。このとき戦闘服のような見慣れぬ衣装を着ているが、これは一体どこで手に入れたものなのだろうか?

ギンプルは、この服装の裏には「これから語られる物語がある」と明かし、これまでの経緯がスピンオフで明かされることを示唆した。「明らかに色々なことが起こっていますよね。彼女が身に着けている鎧は、彼女の大きな物語の一部なんです」。

ウォーキング・デッド
Curtis Bonds Baker/AMC

一方のリックは、シーズン9第5話で自分を連れ去ったCRM(市民共同体軍)のジャケットを着用し、荒廃した街の対岸にいるようだ。CRMのヘリコプターに見つかり投降するよう求められると、両手を挙げて笑みを浮かべる。

この場所について、ギンプルは「あの街はCRMと関係があるでしょう」と述べた上で、「街並みを見れば、どこかがわかるでしょう。あの街並みはプロモーションで紹介されたことがあります」とヒントを与えた。この“プロモーション”とは、2019年に公開された『ウォーキング・デッド』映画版のティザー映像を指すものとみられる(のちに企画は映画からスピンオフドラマへと移行した)。

当時、ファンたちはこのティザー映像に映し出された街並みの影を手掛かりに、リックの居場所はフィラデルフィアではないかと推測していた。さらに、スピンオフ第2作「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」(2020-2021)では、CRMの所在地がフィラデルフィアであることが判明している。よって、シリーズのフィナーレでリックがいた場所もフィラデルフィアの可能性が高いだろう。

最終回で残されたこれらの疑問は、2023年に米国放送予定であるリック&ミショーンのスピンオフドラマで明らかになるはず。同スピンオフは‟壮大なラブストーリー”になること以外、詳細は不明のままだが、本家を象徴する「生きるのは私たち」というメッセ―ジは引き継がれることだろう。2023年1月の撮影開始後に、さらなる情報が解禁されることに期待したい。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

Kyoko
KyokoKyoko Okajima

アメリカ留学、大手動画配信サービスの社員を経て、ライターに転身。海外ドラマが大好きで、永遠のNo.1は『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly