Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」リック役アンドリュー・リンカーンは「復帰したくてたまらない」 ─ 映画版脚本家が証言

アンドリュー・リンカーン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/42749683025/ Remixed by THE RIVER

長きにわたってウォーキング・デッドの顔となってきたリック・グライムズ役のアンドリュー・リンカーンが、シーズン9をもってシリーズを去ってから2年になろうとしている(本記事時点)。そんな2020年の夏、リンカーンはリック役の再演に強い意欲を示しているという。シリーズのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるスコット・M・ギンプルが米ComicBook.comにて明かした。

リックの再登場作として予定されているのは、テレビドラマという枠組みを打ち破って製作される映画版『ウォーキング・デッド(仮題)』。リックの“その後”を描く3部作で、第1作はシーズン9の数年後が舞台となる。脚本を手がけるギンプルは、執筆作業の現状について「磨き上げ、ひねって、実験しているところ。研究の真っ最中です」と語った。

その“研究”には、リック役のリンカーンも「深く関わっている」とのこと。ギンプルいわく、「彼は僕たちめがけてボールをどんどん投げ込んでくる感じ。この作品にすごく興味を持ってくれているんです。言えることは、彼は復帰したくてたまらないってこと。僕らと一緒です」。シリーズを去ったのち、「ウォーキング・デッド」についてさほど頻繁に言及していないリンカーンだが、その内心をスタッフはよく知っているということか。

映画版『ウォーキング・デッド(仮題)』については、先日、原作・製作総指揮のロバート・カークマンが「水面下ではいろんなことが動いている」と明かしたばかり。コロナ禍が落ち着くころ、新たな情報が多数届けられることになるという。しかし、一方のギンプルは「今すぐ準備が整ったとして、いつ(撮影を)始められるかはわからない」ともコメント。「とにかく今は研究中で、まだあれこれ遊んでいるところですから」。

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly