Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」完結、シーズン11Part3は10月2日より米放送 ─ 最終予告編も公開

ウォーキング・デッド
© 2022 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.

大人気ドラマウォーキング・デッド完結編、いよいよ堂々のフィナーレを迎えるシーズン11のPart3が2022年10月2日より米国で放送開始されることがわかった。2022年7月22日(米国時間)、サンディエゴ・コミコンで開催された大型プレゼンテーションでは最終予告編も公開されている。

2010年の放送開始以来、アメリカはもちろん、日本を含む世界各国で絶大なる人気を誇ってきた「ウォーキング・デッド」も、いよいよシーズン11のPart3となる今回で完結を迎える。シリーズ最長の全24話構成となったシーズン11は、Part1が2021年8月から、Part2が2022年2月から放送され、日本ではディズニープラスにて最速配信が実現していた。最後を飾るPart3も国内配信情報が待たれる。

製作・放送を担当する米AMCは、シーズン11のPart3では「あらゆる場所に、死者と生者に脅威が迫る」というあらすじを公開。「それぞれのグループが制御不能な状況に巻き込まれていく。最後の審判に向けて緊張が高まる。それぞれの旅路はひとところに集約されるのか、それとも彼らを永遠に分かつのか」。

「ウォーキング・デッド」を彩ってきたキャラクターたちを振り返るところから始まる今回の最終予告編は、人々とウォーカー、さらにコモンウェルスが入り乱れる中、いよいよ物語がラストに向けて動き出す様子がうかがえる。ノーマン・リーダス演じるダリルの「もう時間がない。すぐに死にたいか、それとも叫びながら死にたいかだ」という声をはじめ、さまざまな人物の思惑と感情が示唆される仕上がりだ。

まお、メインシリーズとしては最後となるコミコンのプレゼンテーションには、ノーマン・リーダスやメリッサ・マクブライド、クリスチャン・セラトス、ロス・マーカンドら出演者が一堂に会し、ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンとマギー役のローレン・コーハンはスピンオフ作品の撮影中のためビデオメッセージで登場した。

「ウォーキング・デッド」シーズン11 Part3は2022年10月2日より米国放送開始

Source: Variety, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly