Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」最終シーズン、2021年8月に米放送開始 ─ 全24話構成、「アクションたっぷりの8話」で開幕

「ウォーキング・デッド」シーズン10追加エピソード
© 2019 AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.

人気ドラマシリーズウォーキング・デッドの完結編となるシーズン11が、2021年8月22日より米国で放送開始されることがわかった。米公式Twitterにてティザー映像が公開されている。

「ウォーキング・デッド」シーズン11はシリーズ史上最長となる全24話構成。4月4日にはシーズン10が米国で終了したばかり、わずか4ヶ月半での新シリーズ開幕となる。ただし、最初に放送されるのは全体の3分の1にあたる8話のみ。残り16話の放送予定は追って告知され、シリーズは2022年に完結する

公開された映像は、荒廃した風景などが映し出される中、二人の男のやり取りが聞こえてくる構成だ。「どうしてここに?」「仲間と旅の途中で」「自分を本当に正直な人間だと思うか?」「はい」「ワクチンの接種は?」「日付を言おうか」「両親は生きるために何をしてくれた?」「えっと、父さんと母さんは」「このエリアに友人は?」「いない」「脅威だとみなされた場合、再処理の対象になる」「再処理って?」「脅威でないのなら心配しなくていい」。

脚本・製作総指揮のアンジェラ・カンは、シーズン10の追加エピソードが登場人物に焦点を当てたものだったのに対し、シーズン11は「史上最大」の内容になると明かした。「たくさんのゾンビとアクション、魅力的なストーリー、かつてない場所」が登場し、「とあるコミュニティで人々が初めて団結する」とのこと。シリーズを統括するスコット・M・ギンプルも「最終シーズンはアクションたっぷりの8話で開幕します」と述べ、大スケールの完結編となることを示唆した。

ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン11は2021年8月22日より米国放送開始。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly