『ウォーキング・デッド』シーズン8は「80年代のシュワちゃんvsスタローン」並にアクション満載に

待望の最新シリーズ、シーズン8を控えた人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』は、アクション・シーンをふんだんに交えたアドレナリン全開の内容となるようだ。Entertainment Weeklyのインタビューに応じた出演者一同が口々に報告している。

80年代のシュワルツネッガーvsスタローンみたいなアクションですよ」と、ジューシーな比喩で期待を煽ってくれたのはミショーン役のダナイ・グリラ。「各エピソードごとに10回くらいは爆発シーンがある感じです。毎回、誰かが何かを撃っているか、ぶっ飛ばしているか。『特攻野郎Aチーム』以来の本格アクションもありますよ。

ドワイト役のオースティン・アメリオは「アドレナリン全開」「シーズン7で力を溜めて、シーズン8で飛び立つ。ヤバいことが起こりますよ!」と興奮。リック・グライムズ役のアンドリュー・リンカーンが「前シーズンは皆にとって辛かったと思います。そして今、かつての魅力が復活するとハッキリ感じていただけるはず」と語るとキャロル役のメリッサ・マクブライドも「昔に戻った感じ。これが、去年私が切望していたものなんですよね」と頷いた。

ジーザス役のトム・ペインは8月、IGNの取材に答えており、やはりアドレナリンがギュっと詰まったシーズン8への熱狂的な期待を抑えきれていなかった。「クレイジーなアクション」「シーズン8はビッグ・バンと共に始まる」「観客はこの始まり方に絶対満足できるはず」「前半の全エピソードには、”うわぁ、なんてこった、信じられない”となる瞬間がありますよ」と、熱気たぎるコメントを連発している。

シーズン8では、ヒルトップと王国という新たなコミュニティと共に、宿敵ニーガン率いる”救世主”との全面対決を迎える。本シーズンの第一話で記念すべき100エピソード目を迎える記録を祝い、ロサンゼルスでは2017年10月22日(現地時間)にプレミア・イベントを開催。ファンの支持を掴んで離さない『ウォーキング・デッド』シーズン8は、Huluのフォックスチャンネルで10月23日(月)22:00より毎週月曜日のリアルタイム配信が決定。シーズン8は全16話編成となっており、後半第9話目以降は2018年2月に配信再開予定とされている。

Source:http://ew.com/tv/2017/09/21/the-walking-dead-episode-100-season-8-cover/
http://www.ign.com/articles/2017/08/15/the-walking-dead-season-8-begins-with-taking-the-fight-back-to-negan

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。