Menu
(0)

Search

【解読】禁欲度満載!『ツイン・ピークス』新シーズン、放送直前の新ティザー映像は全海外ドラマファン必見

多くの『ツイン・ピークス』中毒者が固唾を呑んで待ち望んでいる、ドラマ『ツイン・ピークス』新シーズンの米国放送開始が目前まで迫ってきている。

そしてこの機会を狙ったかのごとく、本作品の監督でもあるデヴィッド・リンチが、オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙のインタビューにおいて“映画監督引退”を口にしたと報じられている。

Things changed a lot,

So many films were not doing well at the box office even though they might have been great films, and the things that were doing well at the box office weren’t the things that I would want to do.

映画界は大きく変わった。

実に多くの映画が、たとえそれが偉大な作品だったとしても興行では成功していないんだ。それに、昨今興行で成功しているような映画は私が欲するようなものではない。

またリンチは、最後に手掛けた2006年の『インランド・エンパイア』以来、長編映画作品のメガフォンを手放して久しいが、同作品が最後になるのかという問いに対して、「Yes it is,」(はい、そうです)と答えている。

リンチはもうずいぶん前から、昨今のアメリカ映画界に苦言を呈していて、「こんな国ではもう映画は作れない」というようなことを度々口にしていたと記憶している。彼の放った引退という言葉にさして大きな驚きはなかったが、長らくリンチ作品を愛好してきた身にとっては、猛烈にさみしい気がする言葉である。ただもしかすると、この時期のこの発言は、『ツイン・ピークス』再来に向けたまさかの最強プロモーションなのかもしれないと思うと、ちょっとニヤリとしてしまう。

禁欲度高すぎ!『ツイン・ピークス』新ティザー映像

さて、その『ツイン・ピークス』新シーズンから、再び新たなティザー映像が公開されたのだが、前回触れたティザー映像の流れから考えて、ついに本編の正統的な予告編だろうと思って鑑賞した矢先、そのさらなる禁欲度に泡を吹きそうになった。今回のティザー映像は文字だけで構成されている。そして、本編の内容とは一切関係のないものになっている。まずはその映像をご覧いただきたい。

放送開始の2年前に公開されたティザー映像ではなく、放送直前のティザー映像がこれである。しかしこれこそが、リンチ作品のプロモーションに相応しいものであり、やや感動すら覚えてしまった。

さて、このティザーを観て、頭に“?”が多数浮かび上がった方もいるかもしれない。「いったい何を表現しているの?」ということである。勘のよい方、そして特に米国で製作されたテレビシリーズを愛好している方は、すぐにお気付きのはず。これは米国で『ツイン・ピークス』旧シーズン以降に放送されて人気を博した数々のテレビシリーズのタイトルを引き合いに出している、実にユニークなティザー映像なのである。

では、そのすべての文字を読み解いてみよう。

  • “MEN WHERE MAD”は、マシュー・ワイナー製作総指揮・脚本により、1960年代のニューヨークの広告業界を描いた、AMC(American Movie Classics)製作による『マッドメン』。
  • “THRONES PLAYED GAMES”は、ジョージ・R・R・マーティンによるファンタジー小説『氷と炎の歌』を原作とした、2017年7月から放送される最新シーズンが話題沸騰中の、HBO(Home Box Office)製作による『ゲーム・オブ・スローンズ』。
  • “BAD WAS BROKEN”は、ヴィンス・ギリガン制作による高校教師のドラッグ物語で、批評家の大いなる称賛を受けて数多くの賞を受賞している、ご存知『ブレイキング・バッド』。
  • “THE DEAD WALKED”は、フランク・ダラボン発案による、こちらも現在進行形で大人気なゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』。
  • “THEY GOT LOST”は、J・J・エイブラムスが監督を務め、様々な話題を呼び社会現象までになった『LOST』。

そして最後に浮かび上がる“THERE WAS WONDERFUL AND STRANGE”は、もちろん『ツイン・ピークス』のことである。つまりこれらの名だたるテレビシリーズよりも前に『ツイン・ピークス』という名作があったんだよ、ということが言いたいのであろう。こうやってしっかり読み解いてみると、単に禁欲的ということには留まらない奥深さを感じるし、もうティザー映像はこれが最後でいいのではないだろうかという、優しい気持ちにさえなれるが、きっと『ツイン・ピークス』中毒者の禁断症状は再発していることと思う。

このワンダフルでストレンジなプロモーションは、放送開始までの短い時間に、果たして新たな展開を見せるのだろうか? そういった部分でも、非常に楽しませてくれているところがすごいね。

『ツイン・ピークス』新シーズンの米国SHOWTIMEでの放送開始は2017年5月21日。日本では同年7月からWOWOWでの独占放送が予定されている。

Source: http://www.smh.com.au/entertainment/tv-and-radio/david-lynch-on-the-return-of-twin-peaks-and-why-he-will-never-make-another-film-20170416-gvlr60.html

Writer

Mujina
MujinaMujina Tsukishiro

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly