Menu
(0)

Search

『ツイスター』リブート企画が進行中、『トップガン マーヴェリック』監督が交渉入り

Twister ツイスター
©Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

『スピード』シリーズのヤン・デ・ボン監督、巨匠スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の災害スリラー映画『ツイスター』(1996)のリブート企画が、米ユニバーサル・ピクチャーズにて進行中であることがわかった。『トップガン マーヴェリック』(2020年12月公開)で監督を務めるジョセフ・コシンスキーが契約交渉中にあるという。米Varietyが報じている。

オリジナル版『ツイスター』は、ビル・パクストンとヘレン・ハント演じる離婚寸前のストーム・チェイサー(竜巻を追い観測する研究者)夫婦が、新たな竜巻予報システムを開発して巨大竜巻“ツイスター”に立ち向かう災害スリラー。同作は世界累計興収4億9,400万ドルの大ヒットを記録するだけでなく、リアルな竜巻の描写など、革新的な特殊効果が絶賛されてアカデミー賞視覚効果賞にもノミネートされている。脚本は『ジュラシック・パーク』シリーズ原作者のマイケル・クライトンが執筆した。

リブート版のプロデューサーには、『インディ・ジョーンズ』『ジュラシック・パーク』シリーズなどのフランク・マーシャルが就任している。現在、ユニバーサルは脚本家たちとの面会を進めているという。

これまで『トロン:レガシー』(2010)や『オブリビオン』(2013)など、大作を手がけてきたコシンスキー監督。次回作にはトム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』を控えており、約34年ぶりの続編となる同作は世界中からの注目を集めている。2017年には未曾有の山火事に立ち向かう男たちを描いた『オンリー・ザ・ブレイブ』を手がけた。監督就任となれば、オリジナル版以上のスケールで新たな『ツイスター』を現代に届けてくれるだろう。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly