Menu
(0)

Search

『アンチャーテッド』トム・ホランド、ネイサン役演じる上で最も大変だったこととは? ─『スパイダーマン』ピーター・パーカーとはひと味違う一面に挑戦

アンチャーテッド
907632 - Uncharted

ノーティードッグによるゲームシリーズ『アンチャーテッド』がついに実写化され、2022年2月18日に日米同時公開を迎える。若き日のネイトことネイサン・ドレイクにふんするのは、『スパイダーマン』シリーズなどのトム・ホランドだ。このキャラクターはホランドにとって、これまでに演じたことのないタイプだったという。

本作では、“ネイサンの語られざる若き日の物語”が描かれる。バーテンダーのネイト(トム・ホランド)とベテラン・トレジャーハンターのサリーことピクター・サリバン(マーク・ウォールバーグ)が、“地図にない場所”に眠る財宝を目当てに大冒険を広げていくのだ。

The Hollywood Reporterのインタビューにてホランドは、「このキャラクターを演じる上で一番難しかったことは、“クールガイ”に成り切ることでした」と話している。『スパイダーマン』シリーズでホランドはピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じており、ピーターは親愛なる隣人として悪党たちから街の平和を守っている。正義感に満ちた人物として描かれる一方で、マスクを脱いているときは少年のような可愛らしい一面を見せるのだ。

これまで僕は、友達が少なく、クールでもないアウトサイダーの役を演じてきました。ネイサン・ドレイクというキャラクターはその正反対なので、慣れるまでに時間がかかりましたよ」とホランド。ネイサンは、予告編でも捉えられているように、バーテンダーでカクテルを華麗に振る舞うような人物で、まさしくクールガイだ。

そんなクールガイを演じるため、ホランドはバーテンダーとして実際に働いていたことも。イギリス・ロンドンのラグジュアリーホテル&レストラン「チルターン・ファイヤーハウス」にてカクテルの作り方や、グラスへのスマートな注ぎ方、そしてボトルの投げ方などを学んだとのこと。『スパイダーマン』シリーズでは観られなかった、“トム・ホランドの新たな一面”に注目だ。

映画『アンチャーテッド』は、2022年2月18日(金)より全国公開。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly