Menu
(0)

Search

『ゲット・アウト』監督、次回作『Us』はモンスター映画 ─ 「ホラーというジャンルに忠実な作品を」

https://www.instagram.com/p/BrnEhaFlhcT/ スクリーンショット

初監督作品『ゲット・アウト』(2017)が高評価を受け、アカデミー脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督の次回作『Us(原題)』。世界から新作が待ち望まれるクリエイターの一人となったピール監督が、米Entertainment Weeklyにて、未だ謎に包まれた作品の内容について語った。

「ふたつめの長編ではモンスターの神話を作りたかったんです。ホラーというジャンルにもっと忠実で、それでも“ひねりが効いていて面白い”という映画への愛情にこだわりたいと思いました。」

『Us』の主人公であるアデレード&ゲイブ・ウィルソン夫婦と二人の子どもたちは、ある夏、北カリフォルニアの海沿いにあるアデレードの育った家を訪れる。翌日、ビーチでタイラー一家と過ごしているうち、過去にトラウマを抱えるアデレードは、“家族に良くない出来事が起こる”という恐怖に囚われはじめるのだった。夜が深まる中、ウィルソン一家は手を繋いで静かに立っている4人の姿を目撃する……。

主人公の妻アデレード役を演じるのは、映画『それでも夜は明ける』(2013)や『ブラックパンサー』(2018)のルピタ・ニョンゴ。夫ゲイブ役には、同じく『ブラックパンサー』でエムバク役を演じたウィンストン・デュークが扮する。タイラー家の妻役には、ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(2017-)のエリザベス・モス。そのほか『グレイテスト・ショーマン』(2017)や『アクアマン』(2019年2月8日公開)のヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世など、出演者には注目の顔ぶれが揃った。

ピール監督は「ホラーというジャンルに忠実に」「モンスターの神話を作りたかった」と述べたが、果たして劇中にはどんなモンスターが登場するのか。Entertainment Weeklyの取材に対して、監督はモンスターの名称が「The Tethered(ザ・テザード)」であることを明かしている。「繋がれた者、縛られた者」という意味になるが、その意図するところやいかに……。

ちなみに『Us』の撮影にあたって、ピール監督はニョンゴに10本の“名作ホラー映画”を観ておくよう薦めたという。監督が選んだのは『愛と死の間で』(1991)、『シャイニング』(1980)、『ババドック 暗闇の魔物』(2014)、『イット・フォローズ』(2014)、『箪笥』(2003)、『鳥』(1963)、『ファニーゲーム』(1997)、『マーターズ』(2008)、『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008)、『シックス・センス』(1999)。いわゆる“名作ホラー映画10本”というチョイスではないが、観客が『Us』をより楽しむために、またジョーダン・ピールという気鋭の作り手を知るために重要な10本であることは間違いないだろう。

映画『Us(原題)』は2019年3月15日に米国公開予定。観たことのある作品もそうでない作品も、上の10本を見返しながら日本公開情報を待つことにしよう。

Source: EW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly