Menu
(0)

Search

「スター・ウォーズ」ダース・ベイダーのVR作品『Vader Immortal』発表 ― 2019年配信、3部作でエピソード3~4の間を描く

https://www.youtube.com/watch?v=3gqbubA6oqY スクリーンショット

スター・ウォーズ」シリーズを手がけるルーカスフィルムのVR(バーチャル・リアリティ)部門「ILMxLab」は、新作『Vader Immortal: A Star Wars VR Series(原題)』を配信することを発表、このたび予告編が公開された。これは2016年に発表されたダース・ベイダーを主人公とするスピンオフ作品で全3部作の予定。「エピソード1」はOculus VRが発表した新ヘッドセット“Oculus Quest”のタイトルとして2019年に配信される。

『Vader Immortal』は「スター・ウォーズ」シリーズの正史作品として制作されており、物語の時系列は『エピソード3/シスの復讐』(2005)と『エピソード4/新たなる希望』(1977)の中間にあたる。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)で初登場した惑星ムスタファーにあるベイダーの城を舞台に、プレイヤーはダース・ベイダーという存在に迫っていくことになる。なお、米英のディズニーランド・リゾート3施設にあるVRアトラクション『Star Wars: Secrets of the Empire(原題)』ともリンクした内容になるという。

本作の脚本・製作総指揮を務めているのは、『ダークナイト』『ブレイド』シリーズのデヴィッド・S・ゴイヤー。ルーカスフィルムから「VRでダース・ベイダーを描く」というアイデアを聞き、仕事を引き受けることを即決したという。
しかし、これまで主に映画作品の脚本を執筆してきたデヴィッドにとって、VR作品の脚本を書くのは未知の作業だったようだ。世界に没入すること自体が圧倒的であるがゆえに人物のセリフが耳に入ってこない…といった問題を解消するため、デヴィッド氏は執筆とテストプレイを繰り返したという。

ちなみにデヴィッド氏いわく、「ベイダーが迫ってくる場面をテストした時は本当に怖かった」とのこと。VRならではの臨場感、そしてストーリーテリングに期待したい。

『Vader Immortal: A Star Wars VR Series – Episode I(原題)』は2019年配信予定

Source: Star Wars
Eyecatch Image: YouTube スクリーンショット

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly