Menu
(0)

Search

『キングスマン』監督、複数のDC映画へ契約交渉中!ヒーロー映画本音トーク「X-MENを撮るのはハードル低かった」

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開を控えるマシュー・ヴォーン監督が、DCコミックス原作映画の契約交渉に参加していることを明かした。

これまでマシュー監督は、『キック・アス』(2010)、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011)、そして『キングスマン』(2015)シリーズと、コミック原作映画を合計4本手がけている。もはや“ヒーロー映画の手練れ”と呼んで申し分ない彼は、2017年9月、『マン・オブ・スティール』(2013)続編への契約交渉に参加していることが報じられていた

ヒーロー映画本音トーク!監督就任には消極的?

英IGN UKのポッドキャストに登場したマシュー監督は、複数のDC映画に関する契約交渉に臨んでいることを明かした。マーベル・コミック、DCコミックス原作の映画を撮る可能性を問われた監督は、「絶対にないとはいえない」として、「DCの世界は大好きですよ。今まさに、いくつかの作品の話し合いをしていますしね」と述べたのである。

マシュー監督にとって、ヒーロー映画を撮ること、シリーズ映画を撮ることは珍しい話ではない。ポッドキャストで飛び出したのは、ヒーロー映画で学んだ“ある教訓”だった。

落ち込んでいるシリーズに参加するのが楽しいんです。だって、いい映画を作るのが比較的簡単ですからね。つまり、ガッカリされているスーパーヒーロー映画に関われば、少なくとも僕さえ大丈夫ならば面白くなるわけです。
だから『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の時はハードルがすごく低かった……悪気はないんですが、(前作の)『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006)が傑作じゃなかったので。そっちの方が、何かを守りながら再発明するのが楽しいんです。たとえば『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を新しく作るのはすごく怖いでしょうね。」

こうした発言の中でDC映画への交渉参加が明かされたのは複雑な思いにもなるが、ヴォーン監督は「もしもバットマンを撮るとしたら、『ダークナイト』(2008)をやってもしょうがない。あれは完璧だったわけですから」と話している。「このジャンルで誰かがやったものをコピーすることに興味はないんですよ。」

では、監督は『マン・オブ・スティール』続編をはじめとしたDC映画にどんな関心を抱いているのだろうか? 気になるのは、契約交渉にこそ参加していながら、マシュー監督が決して登板への積極的な姿勢を見せていないことである。

「自分が次にやるものは何なのか、自分で理解しなければいけないんですよ。それに、今まで使っていない筋肉を使ってみたくて。スーパーヒーロー映画はいくつか撮りましたからね。」

ヴォーン監督の最新作『キングスマン:ゴールデン・サークル』は2018年1月5日より全国ロードショー。

Sources: http://www.ign.com/articles/2017/12/15/ign-uk-podcast-413-matthew-vaughn-and-mixing-cocktails
https://batman-news.com/2017/12/18/director-matthew-vaughn-wants-to-save-dc-movies-confirms-hes-in-talk-for-a-few-things/
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly