Menu
(0)

Search

『ヴェノム』トム・ハーディが乗っていたバイクはドゥカティ・スクランブラー

ヴェノム
(C) 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: c & TM 2019 MARVEL.

スパイダーマン最大の宿敵を描くマーベル映画ヴェノムハイライトのひとつは、ヴェノムに寄生された主人公エディ・ブロックが、未知なるシンビオートの力を制御できぬまま夜のサンフランシスコをバイクで疾走するシーンだ。

ワイルドなバイクは『ヴェノム』を象徴するライドとなったが、劇中でエディに扮したトム・ハーディが操っていたバイクは何だったのだろうか?

『ヴェノム』登場バイクはドゥカティ・スクランブラー

米バイク専門サイトBikeBoundによれば、劇中でエディが跨ったバイクはドゥカティ・スクランブラー。登場するモデルは、映画のためにカスタムされたフル・スロットル1100 スペシャルだ。

ドゥカティ・スクランブラー「フル・スロットル」(参考) Photo by Mike Turner

「フル・スロットル」の排気量は803cc、75馬力。車両重量192.5kg。現行版の国内希望小売価格は127万5,000円。「1100 スペシャル」は排気量1,079cc、86馬力。車両重量194kg。こちらの現行版価格は174万8,000円だ。

ドゥカティとは

イタリア発のドゥカティのバイクは、高級車としてバイカーの憧れ。高い走行性能を誇るブランドで、安定した低重心を生み出すL型ツイン・エンジンが特徴。怪物が唸るような低くたくましい排気音が魅力で、映画『ヴェノム』との相性も抜群だ。

なおデュカティは、『ヴェノム』バイクシーンの舞台裏映像も公開している。スタントマンのロビー・マディソンによれば、ドゥカティ・スクランブラーが登場するシーンは全部で17。ドゥカティ・ノース・アメリカCEOのジェイソン・チノックも、スクランブラーが「エディのキャラクター性や個性を表現している」という。「このバイクは、エディの人生にちょっとしたエッジやダークさ、荒々しさを加えています。」劇中のスタントでは、コーナーのギリギリまで攻めることができるドゥカティの高い走行性能が反映されたということだ。

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

映画『ヴェノム』では、エディ・ブロックとヴェノムが1つとなって、強力なダーク・ヒーローになった。バイカーも、力強いドゥカティ・スクランブラーに跨ってグリップを握れば、かつてないパワーを解放できるだろう。「1つになれば、何でも出来る。」俺たちは、ヴェノムだ!

映画『ヴェノム』は現在公開中。実際の交通規制に従って走行してください。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly