Menu
(0)

Search

スパイダーマンのスピンオフ映画『ヴェノム』楽曲に『ブラックパンサー』作曲家が決定

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

トム・ハーディ主演、マーベル・コミックの人気ダークヒーローを描く映画ヴェノム』の楽曲を、『ブラックパンサー』(2018)のルドウィグ・ゴランソンが手掛けることが分かった。米国時間2018年3月29日、米Deadlineなど複数メディアが報じている。

スウェーデン出身のルドウィグ・ゴランソンは、ラップ・アルバムからコメディ音楽、TV番組やドラマ、スポーツ作品にまで多岐にわたる楽曲を製作してきた音楽家。映画音楽においても非常に精力的に活動しており、『ブラックパンサー』のライアン・クーグラー監督が過去にメガホンを取った『フルートベール駅で』(2014)『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)などの楽曲も手掛けている。

ゴランソンはアフリカに位置するワカンダ王国を主な舞台とした『ブラックパンサー』の楽曲製作にあたり、実際にアフリカを訪れ現地ミュージシャンのツアーに一週間帯同。実際に現地で使われている民族楽器の音色や打音を取り入れるなど、並々ならぬ熱意とこだわりを見せる人物としても知られている。ゴランソンにとって『ブラックパンサー』に続き2度目のスーパーヒーロー映画となる『ヴェノム』、今回はどのようなこだわりが炸裂するのだろうか?

「スパイダーマン」シリーズのスピンオフ作品『ヴェノム』は、スパイダーマンの宿敵として知られるダークヒーロー、ヴェノム/エディ・ブロックを主人公とした映画。キャストにはトム・ハーディの他、『グレイテスト・ショーマン』(2017)のミシェル・ウィリアムズや『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のリズ・アーメッドら実力派が脇を固める。脚本は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)のスコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーのコンビが共同で執筆。メガホンを取るのは『ゾンビランド』(2009)のルーベン・フライシャー監督だ。なおゴランソンとフライシャー監督は『ピザボーイ 史上最凶のご注文』(2011)以来にタッグを組む形となる。

映画『ヴェノム』は、2018年12月より日本全国の映画館で公開予定。

(文:まだい)

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly