Menu
(0)

Search

『ヴェノム』全世界オープニング成績で1億7,500万ドル目指す ― 米国興収は10月公開作品の記録更新へ

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

ソニー・ピクチャーズ製作、マーベル屈指の人気ダークヒーローを描く映画『ヴェノム』が、いよいよ2018年10月5日(現地時間)に米国公開を迎える。米Deadlineは、劇場公開を直前に控えてのオープニング興行成績予想を発表した。

既報の通り、『ヴェノム』は10月5~7日の公開後3日間に、米国内で6,000万~6,500万ドルを稼ぎ出す見込み。これまで10月公開作品のオープニング興収記録を保持していたのは『ゼロ・グラビティ』(2013)の5,570万ドルなので、予測通りの成績を収められれば、以前から有力視されていたように10月公開作品のオープニング興収記録を更新することとなる。ただしDeadlineは、以前の予測にあった“7,000万ドル超え”にはやや厳しい視線を向けている。

また、『ヴェノム』は全世界でのオープニング興行収入で1億6,000万~1億7,500万ドルを記録するとみられている。フランス、日本、中国では遅れての劇場公開となるが、多くの市場では時を同じくして劇場公開されるため、海外では1億~1億1,000万ドルの初動興収が見込まれているのだ。なかでもマーベル映画が絶大なる人気を得ている韓国をはじめ、アジア圏での成績には期待が高まっているという。

しかし一方で、本作には思わぬ番狂わせの可能性が否定できないのも事実だろう。2018年10月1日(米国時間)に開催されたワールド・プレミアののち、作品には予想外といっていいほどの賛否両論が寄せられており、さらにフェイクの感想がSNSにあふれるなどの問題も発生しているのだ。口コミやレビューが強い追い風になるかどうかは今ひとつ予想しづらい状況だろう。

ちなみに『ヴェノム』と同じく10月5日には、ブラッドリー・クーパーの主演・監督作品であり、歌手レディー・ガガが出演する『アリー/ スター誕生』(2018年12月21日日本公開)も米国にて封切られる。こちらはすでに高評価を得ているほか、楽曲の人気も高い。オープニング興収記録としては、米国内で3,000万ドル以上、全世界で5,000万ドル以上が見込まれているようだ。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly