スパイダーマン『ヴェノム』でトム・ハーディがモーション・キャプチャーに初挑戦 ― 『スター・ウォーズ』スノーク役俳優が明かす

ソニー・ピクチャーズによる『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ作品『ヴェノム(原題:Venom)』で、主演のトム・ハーディがモーション・キャプチャーに挑戦することがわかった。
2017年10月24日(現地時間)、『ヴェノム』は製作の本格始動が公式にアナウンスされたばかり。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)や『ダンケルク』(2017)をはじめ、あらゆる作品でその演技を観客に印象づけてきたハーディにとって、モーション・キャプチャーを使用しての演技は本作が初めてとなる。

スパイダーマン・スピンオフ『ヴェノム』舞台裏写真が到着!トム・ハーディ主演、2018年秋米国公開

『猿の惑星』俳優のスタジオが参加か

『ヴェノム』の撮影にモーション・キャプチャーが使用されるという情報は、『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)でスノーク役を演じたアンディ・サーキスが明かしたもの。
『スター・ウォーズ』のほか、リブート版『猿の惑星』(2011-2017)や『GODZILLA ゴジラ』(2014)、『ロード・オブ・ザ・リング』(2001-2003)などでモーション・キャプチャーを務めてきたサーキスは、名実ともにハリウッドを代表するモーション・アクターだ。2011年にはモーション・キャプチャー/パフォーマンス・キャプチャーのスタジオ「ジ・イマジナリウム」を設立し、その技術普及や地位向上に努めている人物でもある。

Yahoo! MOVIES UKのインタビューで、サーキスはモーション・キャプチャーの現在についてこう語っているのだ。

「パフォーマンス・キャプチャーはテクノロジーの領域であって演技の領域ではない、と理解されています。ただし演技は演技なのであって、『猿の惑星/聖戦記』(2017)ではスティーヴ・ザーンやカリン・コノヴァルが、さらに一流の俳優たちが参加しているんです。たとえば『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016)ではマーク・ライランスが、新しいマーベル映画でも多くの俳優たちがやっているんですよ……トム・ハーディもパフォーマンス・キャプチャーで新たなキャラクターを演じます。」

ここで『ヴェノム』という作品名は明言されていないが、トム・ハーディの参加しているマーベル映画はほかにないとみられる。本作ではスーツ姿ではなく、モーション・キャプチャーで動き回るヴェノムの姿を観ることになりそうだ。なお、サーキスはモーション・キャプチャーを使用した俳優の演技について自らの考えをこう述べている。

「大切なのは“演技の本質とはなにか?”ということです。衣裳を着てメイクアップをするのと、モーション・キャプチャー・スーツを着ることに違いはありません。明快でシンプルです。そのことを理解するために、賞を獲る俳優が必要なんですよ。」

サーキス率いる「ジ・イマジナリウム」は、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でマーク・ラファロ扮するハルクのモーション・キャプチャーに協力している。同社が『ヴェノム』の撮影に協力している可能性は非常に高そうだ。

映画『ヴェノム』は2018年10月5日より米国公開予定

Source: https://uk.movies.yahoo.com/tom-hardys-venom-performance-capture-role-reveals-andy-serkis-exclusive-150129873.html
Eyecatch Image: Photo by Tim Cornbill ( https://www.flickr.com/photos/34882437@N05/13903311335/ ) / Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。