Menu
(0)

Search

『ヴェノム』第3作、脚本完成 ─ トム・ハーディがSNS投稿、タイトルは不明

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ソニー・ピクチャーズが展開しているマーベル映画『ヴェノム』シリーズ第3作の製作が本格的に始動した模様だ。主演のトム・ハーディがSNSで進捗状況を示唆している。

『ヴェノム』は、スパイダーマンの宿敵であるヴェノム/エディ・ブロックを主人公に描くシリーズ。プロデューサーを務めるエイミー・パスカルは2021年12月、「(3作目は)現時点で企画段階にあります。しかし、私たちが現在集中しているのは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』です」と回答。プロジェクトは立ち上がっているが最優先ではないと明かしていたが、このたび、ハーディがSNSに第3作の脚本表紙を自身のInstagramに投稿し、製作が始動したことを示唆している。

この投稿をInstagramで見る

Tom Hardy(@tomhardy)がシェアした投稿

その表紙には、前2作で脚本を手がけたケリー・マーセルとハーディの名前があり、ハーディは原案でクレジットされた第2作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021)に続き、積極的にストーリー構成に関わるようだ。表紙には絵文字のようなヴェノムの顔と、口から飛び出した舌らしき赤いラインが「3」を模している書き込みが目に出来るが、タイトルは隠されており、画像にハーディのコメントは添えられていない。

2018年に公開された第1作は大ヒットを記録し、『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』も、2021年10月に米国公開されるやコロナ禍で最高の初動記録を樹立。国内興行収入は2億ドルを突破した。日本でも大きな支持を得ているシリーズは、第2作が劇場公開日に初登場No.1を記録。公開から3週間目には動員数が100万人を突破し、日本国内の累計興収は14億6,892万円となっている。

現時点ではハーディ以外のキャストは不明。これから発表される新情報に注目したい。

Source:Instagram

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly