Menu
(0)

Search

『バイス』サム・ロックウェルがブッシュ大統領に似すぎているので比較してみた

『バイス』ブッシュ大統領とサム・ロックウェル比較
左 Photo/Getty Images 右 © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

クリスチャン・ベール主演映画なのに、予告編映像を観た者の多くがこう言う。「クリスチャン・ベールはどこに出てるの?」

バイス
こちらがクリスチャン・ベールです。 © 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

ベールが体重を約20キロ激増、徹底的な役作りで「史上最凶の副大統領」ディック・チェイニーの20代から70代までを演じた映画『バイス』で、ヤバいのはベールの変貌っぷりだけではない。ディック・チェイニーを副大統領に誘う、当時のアメリカ大統領ジョージ・ブッシュを演じたサム・ロックウェル(『アイアンマン2』など)の激似っぷりもご紹介したい。


『バイス』ブッシュ大統領とサム・ロックウェル比較
左 Photo/Getty Images 右 © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

本作でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞したクリスチャン・ベール演じるチェイニーを副大統領に引き上げた、第43代アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュ。誰もが知る大統領を演じたのは、昨年に続き本年度もアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたサム・ロックウェルだ。

ブッシュを演じるにあたり、サムはウィル・フェレルやジョシュ・ブローリンなど、過去にブッシュを演じた人々の様々なパフォーマンスを観察することから始めたという。「ブッシュの無邪気さの正体を見極めて、その魅力を引き立たせたいと思ったんです。大事なのは戯画的に誇張するのではなくて、キャラクターを見出すこと。」

サムとの共演について、クリスチャン・ベールは「20年ぶりぐらい」と振り返る。「今回も見事な演技を披露してくれています。彼が演じるブッシュ大統領とのシーンが撮影初日にあったけど、最高でした。」『スリー・ビルボード』(2018)でアカデミー賞助演男優賞を見事受賞したサムは、本年度も助演男優賞に連年ノミネートされた。

バイス
クリスチャン・ベールも本物ソックリ。左がディック・チェイニー、右がクリスチャン・ベール。© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

この驚異的な特殊メイクを生み出したのが、異才のメーキャップ・アーティストのグレッグ・キャノン。これまで、『ドラキュラ』(1992)、『ミセス・ダウト』(1993)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)でアカデミー賞を受賞し、2005年にはテクニカルアチーブメント賞を獲得。計4つのオスカーに輝いている。本年度のアカデミー賞にも、メイクアップ&へスタイリング賞でノミネートされている。

アカデミー賞8部門ノミネート『バイス』は2019年4月5日(金)日本公開。

『バイス』公式サイト:https://longride.jp/vice/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly