Menu
(0)

Search

『パイレーツ・オブ・カリビアン』リブート版、先行き不透明に ─『デッドプール』脚本家が離脱との報道

Prod DB © Walt Disney Pictures 写真:ゼータ イメージ

ディズニー製作の人気海洋冒険映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのリブート版に暗雲が立ち込めている。米Deadlineが伝えた。

報道によると、このたび、リブート企画で脚本作業に入っていた『デッドプール』シリーズのレット・リース&ポール・ワーニックが企画を離脱したとのこと。2018年10月、レット&ポールが『パイレーツ・オブ・カリビアン』リブート企画の交渉に入ったと伝えられてから約4ヶ月。2019年2月15日現在、二人の降板理由は明らかになっていない。

ウォルト・ディズニー・スタジオで実写映画を統括するショーン・ベイリー氏は、2018年12月の時点で、レット&ポールによるリブートに前向きな姿勢を示していた。ショーン氏はインタビューにて、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に「新たなエネルギーとバイタリティを取り入れたい、強烈な刺激を求めている」と発言。同氏は「パンクロックな『パイレーツ』をもう一度作る」とも述べていたとされる。ところが両者は、この数週間で別々の道を行くことになったようだ。

Deadlineが入手した情報によれば、ディズニーの内部では、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の今後についてふたつの可能性が浮上しているという。ひとつは、レット&ポールに代わる新たな脚本家候補を検討する可能性。そしてもうひとつは、かつてディズニーの主力作品だった『パイレーツ・オブ・カリビアン』の製作を今後凍結するという可能性だ。

なおディズニーは、リブート版にはジャック・スパロウ役のジョニー・デップを起用しないとみられていた。ジョニーの私生活をめぐる諸問題が取り沙汰されていること、出演料が極めて高額なものとなっていること(ジョニーが出演しない場合、映画一本の製作費が9,000万ドル削減されるという)が大きな理由として考えられる。
ちなみにショーン氏は、リブート企画へのジョニーの関与について尋ねられた際、質問に対して明確な答えを返していなかった。いずれにせよ『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)に次ぐシリーズ第6作の製作は、残念ながら望めそうにない。

このたび企画を離脱したレット・リース&ポール・ワーニックは、今後『ゾンビランド:ダブルタップ(邦題未定、原題:Zombieland: Double Tap)』や、ライアン・レイノルズ主演&マイケル・ベイ監督の『6 Undergrounds(原題)』、マット・デイモン主演&ベン・アフレック監督の実話犯罪映画(タイトル未定)、ライアン・レイノルズ製作による推理ボードゲーム「Cluedo(クルード)」の映画化企画が待機中。多忙を極める売れっ子だけに、もったいないというべきか、やむを得なかったというべきなのか……。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly