Menu
(0)

Search

クリスチャン・ベール、約20キロ増量!元アメリカ副大統領描く『VICE』米予告編公開 ― ブッシュ大統領役はサム・ロックウェル

https://www.youtube.com/watch?v=g09a9laLh0k 動画サムネイル

『ダークナイト』3部作などで知られる俳優クリスチャン・ベールが体重を約20キロ増量し、頭髪を剃って、元アメリカ副大統領ディック・チェイニーを演じる…! 伝記映画『VICE(原題)』の米国版予告編が公開された。

1941年生まれのディック・チェイニーは、リチャード・ニクソン政権下で大統領次席法律顧問を、ジェラルド・フォード政権では史上最年少で米大統領首席補佐官を務めた。またジョージ・H・W・ブッシュ政権下では国防長官として、その息子であるジョージ・W・ブッシュ政権下では副大統領として精力的に活動。しかも副大統領就任前には、世界最大級の石油掘削企業である米ハリバートン社の最高経営責任者(CEO)の職も担った経歴を有する。

「僕は大企業の経営者だ。今までには国防長官をやったし、大統領の首席補佐官もやった。副大統領は一番象徴的な仕事だよ。でも考え方を変えよう…僕はそのへんにある仕事のことはわかってる。官僚、軍事、エネルギー、それから外交政策を監督するんだ。」

“最強の副大統領”とも形容されたほどパワフルな人物であるディック・チェイニーを演じるにあたって、クリスチャン・ベールは40ポンド(18キロ)の増量を経て撮影に臨んだ。『マシニスト』(2004)で約30キロの減量、『アメリカン・ハッスル』(2013)で約20キロの増量と、これまで幾度となく体重を操作してきたベールの“最新の試み”といっていいだろう。

激動の人生を描く本作で脚本・監督を務めたのは、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)でベールとタッグを組んだアダム・マッケイ。プロデューサーには同作に続いて俳優ブラッド・ピットも名前を連ねている。ベールは『アメリカン・ハッスル』でアカデミー主演男優賞、『マネー・ショート』で同じく助演男優賞にノミネートされているが、実話映画で4度目のノミネート、そして2度目の受賞となるか…?

なおベールの役づくりのみならず、『VICE』では強力な俳優陣が実在の人物を演じるところにも注目したい。
ディックの妻リン・チェイニー役は『アメリカン・ハッスル』にも出演したエイミー・アダムス。ジョージ・W・ブッシュ政権下で国防長官を務めたドナルド・ラムズフェルド役には『マネー・ショート』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2018)のスティーヴ・カレル。ジェラルド・フォード政権下で副大統領を務めたネルソン・ロックフェラー役には、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』など数々の作品に出演する名優ビル・プルマン。そして、ジョージ・W・ブッシュ大統領役には『スリー・ビルボード』(2017)の演技が高く評価されたサム・ロックウェルが配された。自身の姿をディック・チェイニーに近づけたベールと、かたやブッシュの振る舞いを完全コピーしたロックウェルの演技合戦は予告編でもしっかり味わえる。

映画『VICE(原題)』は2018年12月25日に米国公開予定。日本公開情報を待つべし!

Source: Variety
Eyecatch Image: YouTube 動画サムネイル

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly