Menu
(0)

Search

「デアデビル」キングピン俳優、チャーリー・コックスの将来的復帰を求める「彼こそがデアデビル」

Marvel デアデビル
Netflixオリジナルシリーズ「Marvel デアデビル」シーズン1~3 独占配信中

マーベルのヒーロー/ヴィランたちには、過去に映像化されたにもかかわらず、諸般の事情から再登場の予定が立っていないキャラクターがいる。ディズニーと20世紀フォックスの事業統合により、いずれマーベル・シネマティック・ユニバースに合流するとみられるX-MENやデッドプール、Netflixでのドラマが終了したデアデビルやパニッシャー、ジェシカ・ジョーンズらがそうだ。

Netflixオリジナルシリーズ「Marvel デアデビル」(2015-2018)でデアデビル/マット・マードックを演じたチャーリー・コックスは、ファンの間でも再演が熱望されているキャストのひとり。今後、チャーリーが再び起用されるかどうかは不明だが、同作でキングピン役を演じたヴィンセント・ドノフリオは改めてチャーリーの復帰を求めた。米ComicBook.comが伝えている。

「僕は今でもチャーリー・コックスこそがデアデビルだと信じているんです。もしも彼ら(マーベル)がデアデビルの映画を作ったり、映画にデアデビルを出したりするのなら、僕はチャーリーが登場することだけを望みますよ。彼こそがデアデビルだし、一緒に仕事をするのはとても良かったから。(チャーリーは)素晴らしい男であり、優れた俳優です。」

『フルメタル・ジャケット』(1987)や『メン・イン・ブラック』(1997)、「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」(2001-2011)など多数の映画・ドラマに出演するヴィンセントは、長いキャリアを持つベテラン俳優。そんな彼をもってして、チャーリーは「ずっと一緒にやっていましたが、彼は一緒に頑張らせてくれるんです」と仕事ぶりを称えられる存在だ。「良い俳優と一緒に演じることがどういうことか、多くの方はご存知ないと思うんですが、まずい俳優と一緒にやる時とはぜんぜん違うんですよ」。

ちなみにヴィンセントは、「デアデビル」の終了が報じられたあとも公の場でシリーズの再開を求め、ファンによる署名運動にも手を貸してきた。キングピンを再演する意欲も非常に強いようで、今回の取材でも、「『ジョーカー』(2019)みたいな単独映画をやれるとしたら?」との質問に「やれたら最高ですね」と応じている。単独映画はともかく、マーベル・シネマティック・ユニバースでの再登場は叶うのか。ディズニー/マーベル・スタジオの判断やいかに……。

Netflixオリジナルシリーズ「Marvel デアデビル」シーズン1~3 独占配信中。

Source: ComicBook.com(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly