ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」が復活、2019年米Huluで新シリーズが配信決定

2004~2007年に米国で放送され、若い視聴者を中心に人気を集めたドラマ「ヴェロニカ・マーズ」の新作シリーズが無事、正式に製作されることとなった。2019年に米Huluで配信予定だという。

女子高生であり”放課後は探偵になる”主人公ヴェロニカ・マーズを中心とした青春ミステリドラマ「ヴェロニカ・マーズ」の復活は、2018年8月21日(現地時間)に米メディアによって製作の可能性が報じられていたもの。主人公ヴェロニカ・マーズを演じるクリスティン・ベルはこの度、自身のInstagramにて「ヴェロニカ・マーズがHuluに新しく戻ってきます!」アナウンスした。

View this post on Instagram

kristen bellさん(@kristenanniebell)がシェアした投稿

「大事なお知らせです。2019年夏に『ヴェロニカ・マーズ』の全エピソードがHuluで観られるようになるって知ってました?ストリーミングでまた観られるなんて最高。復習ができますからね。…だって、新作が作られるんですよー!」

Varietyが伝えるところによると、新シーズンでは同ドラマの舞台となる架空の街ネプチューンにて、春休み中の浮かれた学生らが殺害されるという事件が発生。ヴェロニカは被害者の親からの依頼を受け、犯人探しに挑む。

「ヴェロニカ・マーズ」といえば、ファンの支持に応えて2014年には映画版も製作されている。この度の新作シリーズでは、過去のシリーズでショーランナー(制作統括)を務め、映画版の脚本・監督・製作を兼任したロブ・トーマスも脚本家として復帰する予定。主演のクリスティンはInstagramにて、「ヴェロニカはいつだって、マントのないスーパーヒーローでした。彼女って、今の世界がすごく必要とする存在だと思うんです」との意気込みを語った。

ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」新作は、2019年に米Huluで配信予定。8話限りの編成となる。日本での配信にも期待したい。

Source:kristenanniebellVariety

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。