Menu
(0)

Search

ワーナー、サイボーグ役レイ・フィッシャーとの確執から「次に進む」 ─ 本人は『ザ・フラッシュ』降板報道を否定

ジャスティス・リーグ
© JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

DC映画『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』の脚本から、『ジャスティス・リーグ』(2017)のサイボーグ/ビクター・ストーンの存在が削除された件について、サイボーグ役のレイ・フィッシャーがコメントした。これに続いて、ワーナー・ブラザースはフィッシャーとの確執について声明を発表し、「次に進む」との意志を明らかにしている。

2020年7月、フィッシャーは『ジャスティス・リーグ』の再撮影・再編集を担当したジョス・ウェドン、プロデューサーのジェフ・ジョンズ&ジョン・バーグの振る舞いが不適切だったと告発。ワーナーは『ジャスティス・リーグ』の再調査を実施したが、ワーナーとフィッシャーの確執は深まり続けた。2020年12月の調査終了後、フィッシャーはDC映画を統括するウォルダー・ハマダを批判し、「彼の関わる企画には一切参加しない」とコメント。これを受ける形で『ザ・フラッシュ』からサイボーグの存在が削除され、キャストを変更しないことが報じられている。

ただし、フィッシャーはこの報道を「事実に反するもの」と否定。「僕はいかなるものからも公に降板していない」と述べて、『ザ・フラッシュ』にサイボーグを登場させないという判断が事実なら「批判を免れようとするものにすぎない」とした。ワーナーに対しては、「ウォルター・ハマダが『ジャスティス・リーグ』の調査結果を改ざんした」「ワーナーの広報チームは物語の主導権を取ろうと苦戦している」と再び攻撃的なコメントもなされている。

さらに『ジャスティス・リーグ』の調査について、フィッシャーは「ワーナー・メディアとジョス・ウェドンが道を違えるに至った」と断定し、「ジェフ・ジョンズも同じことになるでしょう。ハマダが自分の言い分を通せばそうはならず、虐待のサイクルも続くだろうけれど」と記した。もっとも、ワーナーはハマダとの契約期間を延長し、2023年までDC映画の代表者を務めることが決定済み。米Varietyは、ジェフ・ジョンズがワーナーとの仕事を継続し、複数のドラマに関与していることも報じている。

こうしたフィッシャーのコメントを受けて、ワーナーは、『ザ・フラッシュ』にサイボーグが登場しないと報じた米The Wrapに声明を発表。「(『ジャスティス・リーグ』に関する)調査は外部の法律事務所による指揮のもと、元連邦判事を代表者に迎えて行われました。80人以上を対象とした、完全かつ誠実な調査だったと確信しており、すでに是正措置も採られています。調査は完了し、次に進む時が来ました」

あわせて読みたい

Sources: Ray Fisher(1, 2, 3, 4, 5), VarietyThe Wrap

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly