Menu
(0)

Search

『君の名前で僕を呼んで』ルカ・グァダニーノ監督のHBOドラマ、米予告編が公開 ─ 『シャザム!』ジャック・ディラン・グレイザー主演

We Are Who We Are(原題)
https://youtu.be/zL_eSB5YaRg

君の名前で僕を呼んで』(2016)『サスペリア』(2018)のルカ・グァダニーノ監督が全話を手掛ける、米HBOドラマ「We Are Who We Are(原題)」の米国版予告編が公開された。

全8話構成の本作はイタリア・ヴェネト州の米軍基地を舞台にした作品。アメリカ人の若者達の友情や初恋、アイデンティティ、少年少女ならではの普遍的な要素が描かれていく。同性愛に葛藤する少年を捉えた『君の名前で僕を呼んで』と同様に、本作でも様々な背景に苦悩する少年少女の姿が繊細に描かれそうだ。

神秘的な音楽に包まれた予告編では、米軍に所属する二人の母親と共に移住してきた14歳の少年フレイザーと、同じく両親の影響で長年に渡りイタリアで暮らしてきた少女ケイトリンの姿が捉えられている。海辺で遊び回る少年少女たちを横目に、不満そうな表情を浮かべるフレイザーと呆れた様子のケイトリン。「皆、僕たちのこと変に思ってるよ」「だから何?」。20秒と短い予告編ではあるが、ルカ・グァダニーノ監督ならではの繊細な映像表現や、神秘的な音楽は十分に垣間見ることが出来る。

出演者には“内気な性格”のフレイザー役に『シャザム!』(2019)のジャック・ディラン・グレイザー、“大胆で自信家”のケイトリン役に新人女優クリスティン・シーモンが参加している。その他には、フレイザーの母親であり米軍に所属するサラ役に『デッド・ドント・ダイ』のクロエ・セヴィニー、もう一人の母親で同じく米軍のマギー役に『エリジウム』(2013)のアリシー・ブラガ、ケイトリンの父親リチャード役に歌手・俳優のキッド・カディ、母親ジェニー役にフェイス・アラビ、ケイトリンの彼氏役にベン・テイラー、マーティン・スコセッシ監督の娘・女優のフランチェスカ・スコセッシなどが出演。脚本はルカ・グァダニーノ監督、『素数たちの孤独 』『コロナの時代の僕ら』(早川書房)の作家パオロ・ジョルダーノフランチェスカ・マニエーリが共同執筆している。

ドラマ「 We Are Who We Are(原題)」は2020年9月、米HBOにて放送開始。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly