Menu
(0)

Search

アメリカ版『DEATH NOTE』のリューク役 グリーン・ゴブリン等でお馴染みのウィレム・デフォーに決定

小畑健作画、大場つぐみ原作の日本の名作ファンタジーサスペンス漫画『DEATH NOTE』が2017年、Netflixのオリジナル映画という形で蘇ることが決定しています。これまでも藤原竜也主演の映画『DEATH NOTE』や2015年に放送されたTVドラマ版『DEATH NOTE』で実写化されており、いずれも高い評価を受けています。2016年10月29日には月とLの戦いから10年後を舞台にしたデスノートの所持者たちの戦いを描く続編『デスノート Light up the NEW world』が上映されます。

豪華キャストの中に『スパイダーマン』のグリーンゴブリン役ウィリアム・デフォーが声で出演

Willem-Dafoe-as-luke

海外映画『DEATH NOTE』の監督はスリラー映画『ザ・ゲスト』で高い評価を得たアダム・ウィンガード、プロデューサーには『リング』のロイ・リーと『LEGO(R) ムービー』のダン・リー、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のジェイソン・ホッフスに『ヒーローズ・リボーン』のマシ・オカというそうそうたる顔ぶれ。ライト役はナット・ウルフが演じ、L役には驚きの黒人役者キース・スタンフィールド。

そんな中、ウィレム・デフォーが地上にデスノートを持ち込んだ死神リュークの声をウィレム・デフォーが演じることが決定しました。顔のいかつさと迫力のある声色を持つ彼はサム・ライミ版『スパイダーマン』にてスパイディの宿敵グリーンゴブリンを演じ。異形の存在に命を吹き込む力は保証済み。『ジャスティスリーグ』では”善人”役での出演も決まっているウィレム・デフォーの死神に期待です。

Writer

小村健人村上 幸

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン) salarmko@outlook.jpお仕事の依頼はこちらへ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly