Menu
(0)

Search

ダース・ベイダーのテーマ、ジョン・ウィリアムズ指揮&ウィーン・フィル演奏のライブ映像公開 ─ライブ・アルバム発売決定

ナマの映画音楽を堪能しよう。

誰もが知る映画音楽の数々で知られるレジェンド、ジョン・ウィリアムズウィーン・フィルを指揮して自身の代表作を演奏したライヴ・アルバム『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』が、2020年8月14日にリリースされることが明らかになった。先行シングルとして、『スター・ウォーズダース・ベイダーのテーマ曲こと『帝国のマーチ』の配信と、コンサート映像公開がスタートした。

この曲は、「May the Force be with you.(フォースと共にあらんことを)」にちなんだ「スター・ウォーズの日」として知られる5月4日(=May 4th)に合わせての粋な公開に。

アルバムは2020年1月18日&19日に、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの会場としても知られるウィーンのムジークフェラインで行われたジョン・ウィリアムズのウィーン・フィルへの指揮者デビューとなった歴史的なコンサートのライヴ録音だ。

ウィリアムズの作曲した映画音楽は、史上最も愛されている音楽のひとつであり、5つのアカデミー賞、5つのエミー賞、4つのゴールデン・グローブ賞、25のグラミー賞など、数えきれないほどの名誉ある賞を受賞してきた。このコンサートでは最初の音が演奏される前から、ウィリアムズは熱狂的なスタンディング・オベーションを受けた。その熱狂に対して彼は、ウィーン・フィルとの共演への招待は「私の人生で最も素晴らしい栄誉のひとつ」であると感謝の言葉を述べた。

コンサートの前半は、昨年発売のアルバム『アクロス・ザ・スターズ』でコラボレーションしたヴァイオリンの女王、アンネ=ゾフィー・ムターも参加した。彼女は「オーケストラのメンバーが、こんなに音楽の喜びをもって演奏しているのを見ることは、そうそうあることではありません。本当に素晴らしい!」と語った。

ムジークフェラインの公演の数週間後に88歳の誕生日を迎えたウィリアムズは、伝統の牙城であるウィーン・フィルが自作の演奏にどのように適応するのか確信が持てなかったことを認めた。「こんなに嬉しい驚きはありませんでした」と公演の後に彼は言った。「全てのスタイルの音楽を演奏する彼らの優れた妙技と素晴らしい能力について、オーケストラを称讃しなければなりません。」

リハーサル中にもう一つの嬉しい驚きがあった。ウィーン・フィルの金管楽器奏者たちが、スター・ウォーズの「帝国のマーチ」をプログラムに追加できないかと尋ねてきたのだ。彼らのセンセーショナルな演奏は、オーケストラと作曲家の間の親密さと愛情をさらに際立たせた。「正直言って、これまで聴いた“帝国のマーチ”の中で最高の演奏のひとつでしたよ」とウィリアムズは振り返った。「彼らは、まるで自分たちの作品を演奏するように演奏しました。プログラムの最後に演奏する機会を与えてくれたことにとても感謝しています。」

『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』

  1. ネヴァーランドへの飛行(『フック』から)
  2. 『未知との遭遇』から抜粋
  3.  悪魔のダンス(『イーストウィックの魔女たち』から)
  4.  地上の冒険(『E.T.』から)
  5. 『ジュラシック・パーク』のテーマ
  6. ダートムア、1912年(『戦火の馬』から)
  7. 『ジョーズ』から組曲
  8. マリオンのテーマ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
  9. 『スター・ウォーズ』メイン・タイトル
  10. レベリオン・イズ・リボーン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から)
  11. ルークとレイア(『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から)
  12. 帝国のマーチ(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』から)
  13. レイダース・マーチ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)

録音:2020年1月 ウィーン〈ライヴ・レコーディング〉
ジョン・ウィリアムズ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン3 & 13)
2020年8月14日発売予定

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly