Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン』上映時間は2時間21分!『マン・オブ・スティール』とほぼ同じ長さに

DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)の第4作『ワンダーウーマン』が、いよいよ2017年6月2日に全米公開される。米国の映画情報&チケットサイト「ファンダンゴ」では、公開に先がけて本作の上映時間が告知された。

同サイトによると、『ワンダーウーマン』の上映時間は2時間21分。この長さは、DCEU作品のデビューを飾った『マン・オブ・スティール』の2時間23分とほとんど同じだ。この長さを「思っていたより長い」と見るか、「そんなところでしょ」と見るかは人によって意見の分かれるところだろう。

しかし筆者としては、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の2時間31分(劇場公開版)より短く『スーサイド・スクワッド』の2時間3分より長い2時間21分という時間は、もしかして過不足のない絶妙な上映時間なのでは……と予感している。米国版の“最終予告編”を見る限り、舞台となる土地を転々としながら、自身の出自や新しい世界での葛藤、そしてヴィランとの決闘を描くであろう本作は、ストーリー的にも映像的にも、きっと膨大な情報量が詰め込まれた作品となっているはずだ。また『ワンダーウーマン』は、DCEU作品としては『マン・オブ・スティール』スーパーマン以来の“オリジン・ストーリー”である。ワーナー・ブラザース/DCコミックスとしては、シリーズの第1作にはこれくらいの長さがベターだと考えているのかもしれない。

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日日本公開。そろそろ日本版の新予告編も見たいところだが、まずは米国版の“最終予告編”をご覧いただき、期待をめいっぱい膨らませておいてほしい。

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”ワンダー・ウーマン” sort=”latest_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”ワンダーウーマン” custom_url=”https://theriver.jp/tag/ワンダー・ウーマン/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Source: http://batman-news.com/2017/05/14/wonder-woman-runtime/
https://www.fandango.com/wonderwoman_191725/movieoverview?cjid=cj_12935710_3717539_
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/dp/B071CKMPJB/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly