Menu
(0)

Search

ガル・ガドット、もしもワンダーウーマンとソーが対決したら「ワンダーウーマンが勝つ」→クリス・ヘムズワースが同意する事態に

「もしも○○と○○が対決したら?」

この問いかけは、ヒーロー映画に出演するスターがインタビューで聞かれやすい質問の上位に入るだろう。今回は映画『ワンダーウーマン』のプロモーションで、主演のガル・ガドットがついにその質問を投げかけられている。しかも「もしも」の対戦相手として選ばれたのはマーベル・ヒーローであるソーだった。しかしガドットの答えは、思わぬ展開を生むことになっている……。

ワンダーウーマン vs ソー、超平和的対決

ガドットに「もしもワンダーウーマンとソーが対決したら?」という質問をぶつけたのは、アメリカの有名キャスターであるケイティ・クーリック。彼女は自身のTwitterに、その質問に答えるガドットの映像を投稿している。

ヘイ、クリス・ヘムズワース。ガル・ガドットが、あなたに聞きたいことがあるって……

ガドット「ワンダーウーマンとソー、どっちが勝つかって聞かれたの。私はワンダーウーマンが勝つと思う。そう思わない?

すると、映画でソーを演じるクリス・ヘムズワースはこの質問にこう反応したのだ。

「僕は彼女がソーをぶっ飛ばすと思う」

まさかの同意である。「ワンダーウーマンが勝つ!」「ソーが勝つ!」というやり取りを展開することもできたところ、”もしもの対決”はこうして穏便に解決された……と思いきや、ガドットはヘムズワースにこう返答している。

「あなたは賢い人だといつも思ってた。:) でも戦う価値はあると思う。世界を激突させないとね」

まさかの開戦、DC&マーベルのクロスオーバー希望である。コミックの世界では1996~1997年にマーベルとDCのクロスオーバー企画『DC vs. マーベル・コミックス(マーベル・コミックス vs. DC)』や、共同企画による架空の出版社「アマルガム・コミックス」シリーズが実施されているが、同じことがスクリーンで実現する日はやってくるのか……。

ともあれガドットとヘムズワース、非常に仲良さげでほほえましいエピソードである。

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日より全国ロードショー。つづいて『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日に日米同時公開となる。どちらも必見!

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”ワンダーウーマン” sort=”random_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”関連記事:ワンダーウーマン” custom_url=”https://theriver.jp/tag/ワンダーウーマン/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

Source: http://www.cbr.com/gal-gadot-chris-hemsworth-thor-wonder-woman-fight/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly