ガル・ガドット、もしもワンダーウーマンとソーが対決したら「ワンダーウーマンが勝つ」→クリス・ヘムズワースが同意する事態に

「もしも○○と○○が対決したら?」

この問いかけは、ヒーロー映画に出演するスターがインタビューで聞かれやすい質問の上位に入るだろう。今回は映画『ワンダーウーマン』のプロモーションで、主演のガル・ガドットがついにその質問を投げかけられている。しかも「もしも」の対戦相手として選ばれたのはマーベル・ヒーローであるソーだった。しかしガドットの答えは、思わぬ展開を生むことになっている……。

ワンダーウーマン vs ソー、超平和的対決

ガドットに「もしもワンダーウーマンとソーが対決したら?」という質問をぶつけたのは、アメリカの有名キャスターであるケイティ・クーリック。彼女は自身のTwitterに、その質問に答えるガドットの映像を投稿している。

ヘイ、クリス・ヘムズワース。ガル・ガドットが、あなたに聞きたいことがあるって……

ガドット「ワンダーウーマンとソー、どっちが勝つかって聞かれたの。私はワンダーウーマンが勝つと思う。そう思わない?

すると、映画でソーを演じるクリス・ヘムズワースはこの質問にこう反応したのだ。

「僕は彼女がソーをぶっ飛ばすと思う」

まさかの同意である。「ワンダーウーマンが勝つ!」「ソーが勝つ!」というやり取りを展開することもできたところ、”もしもの対決”はこうして穏便に解決された……と思いきや、ガドットはヘムズワースにこう返答している。

「あなたは賢い人だといつも思ってた。:) でも戦う価値はあると思う。世界を激突させないとね」

まさかの開戦、DC&マーベルのクロスオーバー希望である。コミックの世界では1996~1997年にマーベルとDCのクロスオーバー企画『DC vs. マーベル・コミックス(マーベル・コミックス vs. DC)』や、共同企画による架空の出版社「アマルガム・コミックス」シリーズが実施されているが、同じことがスクリーンで実現する日はやってくるのか……。

ともあれガドットとヘムズワース、非常に仲良さげでほほえましいエピソードである。

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日より全国ロードショー。つづいて『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日に日米同時公開となる。どちらも必見!

Source: http://www.cbr.com/gal-gadot-chris-hemsworth-thor-wonder-woman-fight/

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。