『トップガン』続編タイトルは『トップガン:マーベリック』!前作と同じ作風、ドローンは出る?出ない?

映画『トップガン』(1986年)の続編について、再びトム・クルーズが新たな情報を明らかにした。トムは続編のタイトルが『トップガン:マーベリック』になるほか、作風や音楽についても現在の方針を語ってくれている。

そもそも『トップガン』続編製作決定のニュースは、トムが主演作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のプロモーション中にテレビ番組で明らかにしたものだった。今回もトムは、エンターテインメント情報サイト「アクセス・ハリウッド」のインタビューで新情報を口にしている。

『トップガン』続編製作決定!2018年撮影開始、ドローン戦争を描く物語に?

タイトルは『トップガン:マーベリック』

トムによると、『トップガン』続編のタイトルは『トップガン:マーベリック(原題:Top Gun: Maverick)』になる方向だという。「マーベリック」とは前作でトムが演じた主人公ピート・ミッチェルのコールサインだ。このタイトルは、やはり続編もマーベリックが主人公の物語になることを意味しているのだろうか?

なおこのタイトルについて、トム自身は「(『トップガン』に)ナンバリングを付けたくなかったんだ、必要ないと思うしね」と語っている。

『トップガン』続編は前作と同じ作風&同じ音楽

このインタビューで、トムは続編『トップガン:マーベリック』の製作方針をこう話している。

前作と同じ作風、様式の映画にするつもりだよ。ハロルド・フォルターメイヤーの音楽も同じものを使うつもりだしね」

「パイロットたちが帰ってくるんだよ。スピードを求めるヤツらが、巨大で速いマシンでね。[中略]前作同様、競うことについての映画になる。でもマーベリック(前作でトムが演じた主人公ピート・ミッチェルのこと)は成長してるんだ」

この発言から推測するに、おそらく続編にはオリジナル・キャストの多くが再登場することになりそうだ。しかし登場人物たちは年相応に成長していて……となると、彼らは何と競うことになるのだろうか? そして、年相応の彼らが“前作と同じ作風”の物語を演じるとは、一体どんな内容になるのだろう?

ちなみに続編には、無人戦闘機やドローンを含めた最新の軍事技術が登場するという情報もある。しかしこれに関して、トムは「航空母艦が出てくる。ジェット機も登場するよ」とだけ明言して詳細は話さなかった。インタビュアーが「ドローンは?」と食い下がると、トムは「ジェット機が出る」とだけ答えている。「ドローンは?」「ジェット機が出る」「ドローンは?」「ジェット機が出る」という押し問答の様子は、ぜひ映像でご確認いただきたい。

『トップガン:マーベリック』の劇場公開時期は不明。監督は『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキーが有力候補として目されており、撮影は2018年に行われるということだ。

Sources: http://www.comingsoon.net/movies/news/854737-tom-cruise-top-gun-maverick
https://www.youtube.com/watch?v=O_qJ2ne3OiI
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/TOP-GUN/dp/B01AAI4674/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。