Menu
(0)

Search

『チャーリーとチョコレート工場』前日譚映画、ティモシー・シャラメが本格挑戦のミュージカルシーンに緊張

Timothee Chalamet ティモシー・シャラメ
Photo by Maximilian Bühn https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Timoth%C3%A9e_Chalamet_Call_Me_By_Your_Name_Press_Conference_Berlinale_2017.jpg

イギリスの小説家ロアルド・ダールによる『チョコレート工場の秘密』(評論社)を原作にした映画『ウォンカ(原題:Wonka)』では、若き日のウィリー・ウォンカ役を演じるティモシー・シャラメが本格的なミュージカルシーンに挑む。元々、音楽の才に溢れたティモシーだが、ジョニー・デップも演じた伝説的なキャラクターとだけあり、プレッシャーに感じていたようだ。

本作は、ウィリー・ウォンカによってチョコレート工場が開かれる前の時代の話を描く前日譚物語。撮影は、2021年9月末より英国でスタートしており、ティモシーは演技に加えてミュージカルシーンのレコーディングにも取り組んでいるようだ。米Timeによれば、収録はアビー・ロード・スタジオで行われているという。

本格的なミュージカルシーンに初めて挑むティモシー。レコーディングを終えてみての感想はというと、「僕では不釣り合いのように感じました」とのこと。難しさを実感した上での発言なのだろうが、ティモシーの歌の才能は彼の学生時代から知られている。“Timothée Chalamet Statistics”という自作の楽曲ではラップを披露しており、同曲は、ティモシーが出演したイギリスのトーク番組で話題にあげられてもいた。また、映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(2019)ではピアノで弾き語りを行い、美声を披露してもいる。

こうした経験を持つティモシーでも、ウィリー・ウォンカ役でのミュージカルシーンとなるとプレッシャーも大きかったのだろう。「歴史を冒涜しているような気分でした」と撮影時を振り返っている。その一方で、「暗い感情を掘り下げていくものではなく、“風変わりな存在であったり、自分の中に周りには理解されないおかしな所があったりしても良いんだ”ということを祝福する作品なんです」とテーマ性を語るティモシー。歌とダンスを通して、ウィリー・ウォンカの奇抜さが反映されているのだろう。

直近では、ティモシー扮するウォンカのファーストルックも公開されている。トレードマークのハットやステッキもしっかり身につけているようだ。なお、本作は小説『チョコレート工場の秘密』の映像化となり、2005年の映画『チャーリーとチョコレート工場』との繋がりは無いとされている。監督は、『パディントン』シリーズのポール・キング。

映画『ウォンカ(原題:Wonka)』は、2023年3月17日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Source:Time,The Graham Norton Show

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly