Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』続編企画が進行中 ─ ドウェイン・ジョンソン「すごく楽しみ」

ワイルド・スピード/スーパーコンボ
©UNIVERSAL PICTURES

ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブス、ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウを主人公とする『ワイスピ』シリーズの新機軸、ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019)の続編企画が正式に進行していることがわかった。

このたび、前作の主演・製作を務めたドウェインが、Instagramにて「次回作の開発を進めています。すごく楽しみ」と発言。『スーパーコンボ』はホブス&ショウという“筋肉凸凹コンビ”の活躍に焦点を当て、『ワイルド・スピード』の可能性を切り拓き、さらなる謎と冒険を示唆した。「(次回作独自の)クリエイティブを、自分たちの方向性を発見しなければいけない」とも語られているあたり、まだ企画は初期段階とみられる。

『スーパーコンボ』のプロデューサーであるハイラン・ガーシア氏は、2019年11月の時点で続編についての検討が進んでいることを明かしていた。前作の大ヒットを一同は喜んでおり、製作を務めるユニバーサル・ピクチャーズとの間で「今後の計画についての話し合いを重ねている」と述べていたのだ。それから数ヶ月が経過した今、ひとまず企画が動き出しているということだろう。

なお『ワイルド・スピード』メインシリーズの第9作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、新型コロナウイルスの影響を受けて、2020年5月から2021年4月へ世界公開が約1年延期された。シリーズの展開そのものは一時停止を余儀なくされたわけだが、ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルが第10作でシリーズをいったん完結させる方針を示し、さらに『スーパーコンボ』続編も動いているとあれば、水面下で『ワイスピ』の今後は着々と準備されていることになる。となれば、やはり気になるのはホブス&ショウのメインシリーズ再合流だが、果たして実現するか…?

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com, Screen Rant, Dwayne Johnson

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly