Menu
(0)

Search

アカデミー賞逃した『ワンダーウーマン』、ガル・ガドットは前向き ─ 「賞のために作られた映画ではない、謙虚でいたい」

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

第90回アカデミー賞では『LOGAN/ローガン』(2017)が脚色賞に、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)が視覚効果賞にノミネートされるなど、アメコミ原作映画が健闘している。そんな中、批評家・観客の双方から高い評価を受けたワンダーウーマン(2017)がいずれの部門にもノミネートされなかったことは少し予想外とも言えるだろう。ガル・ガドット自身はこのことについて前向きに捉えるとともに、ファンに対して感謝の意を述べている。Entertainment Tonightによる最新のインタビューで語った。

「『ワンダーウーマン』がノミネートされなかったことに対してがっかりしてくれた方がいて、とても感動しました。でも私たちは、決して賞のために映画を作ったわけではないんです。全てを手に入れることはできないと思います。この映画が作られると、称賛を以て迎え入れられました。それに対して私たちは謙虚でいたいし、感謝したいです。」

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この謙虚な姿勢は、ガドットがワンダーウーマン役を獲得するまでに不遇の時代を経験していたことに関係しているのかもしれない。

ガドットは遅咲きの女優だ。2004年度のミス・イスラエルに輝いたガドットは、そのままエンターテインメント界へとは進まず、いったん2年間の兵役を経験する。その後は学校へ入り直し法律を学んでいた。この頃からガドットは女優の道を歩み始めるのだが、映画デビュー作『ワイルド・スピード MAX』(2009)以降はオーディションに落ち続けていたのだという。不遇の時代を経てやっと勝ち取ったワンダーウーマン役で、ガドットの人気は爆発。今や大物女優だが、ガドットは賞にこだわらずとも、ファンに愛されることが何よりも大事だと考えていたのだろう。過去の苦労があったからこその慎ましやかな発言だったのかもしれない。

とは言え、ガドットは次なる可能性を次のように語っている。

「もう一本(『ワンダーウーマン2』)も控えていることだし、ひょっとすると、次はあるかもしれないですね!」

映画『ワンダーウーマン2(仮題)』は、2019年11月1日より米国公開予定だ。

(文:まだい)

Source: http://www.etonline.com/gal-gadot-opens-about-wonder-woman-oscar-snub-possibility-baby-no-3-exclusive-95011

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly