Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』米国公開が大幅延期 ― 新公開日は2020年6月5日に決定

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、『ワンダーウーマン』(2017)の続編映画『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』の米国公開日が大幅に延期されることがわかった。米Varietyほか複数のメディアが報じている。

このたび、ワーナーは『ワンダーウーマン 1984』の米国公開日を2020年6月5日に変更したことを発表。2019年11月1日の公開を目指して製作が進められていたが、約7ヶ月の延期となる。第一報を伝えたのは、主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン役のガル・ガドットだった。

ワーナー・ブラザースにて米国内の配給を統括するジェフ・ゴールドスタイン氏は、今回の延期発表について、前作『ワンダーウーマン』が2017年夏に米国で大ヒットを記録したことを強調。「映画をあるべきところに位置づけるもの」だとしている。前作は米国で4億1,260万ドル、全世界で8億2,180万ドルという興行収入を達成し、女性監督作品としては史上第1位の記録を樹立したのだ。

また本作の公開延期には、2019年にDCコミックス原作映画が集中していたという背景もあるとみられる。本作のほかにも、『シャザム!(邦題未定、原題:Shazam!)』が4月5日、ホアキン・フェニックス主演による新ブランドの第1作『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』が10月4日に米国公開される予定だったのだ。このたびワーナーは、『ジョーカー』の約1ヶ月後に公開予定だった『ワンダーウーマン 1984』を大幅に繰り下げることで、2019年の秋は『ジョーカー』に注力する方針に切り替えたとみられる。
さらに2020年には、『ワンダーウーマン 1984』に先がけて、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを主人公とする『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Birds of Prey)』が2月7日に米国公開される予定。その後のラインナップは発表されていないため、2020年のDC映画はこの2本のみとなりそうだ。

なお、このたび『ワンダーウーマン 1984』の公開が延期されるに伴って、本来2020年6月5日に公開される予定だった、マーク・ウォールバーグ主演『Six Billion Dollar Man(原題)』は公開予定が白紙となっている。同作は『人生スイッチ』(2014)のダミアン・ジフロン監督のもと2017年から企画が進められていたが、2018年5月にダミアン監督が降板。企画の現状については報じられていない。

『ワンダーウーマン 1984』にはパティ・ジェンキンス監督をはじめ、主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン役のガル・ガドット、スティーブ・トレバー役のクリス・パイン、アンティオペ役のロビン・ライト、そして女王ヒッポリタ役のコニー・ニールセンが前作から続投する。
また新キャストとして、『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグが悪役チーターを演じるほか、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカルが出演。音楽は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)でワンダーウーマンのテーマ曲を制作した巨匠ハンス・ジマーが務める。

映画『ワンダーウーマン 1984』(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)は2020年6月5日に米国公開予定。前作『ワンダーウーマン』のブルーレイ&DVDは発売中。

Sources: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly