Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン』第3作の舞台は「現代」 ─ スティーブ・トレバーの再々登場、クリス・パインは否定的

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界中で大ヒットを記録したDC映画『ワンダーウーマン』(2017)のパティ・ジェンキンス監督には、製作中の続編『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』に次ぐシリーズ第3作の構想があるという。米The Hollywood Reporterの取材に応じたジェンキンス監督は、第3作の舞台が現代となることを明かした。

これまで『ワンダーウーマン』は1917年、『ワンダーウーマン1984』は1984年と、いずれも現在よりも過去の時代が物語の舞台となってきた。そのため第3作も引き続き過去を描く作品になるのではと予測されていたが、ジェンキンス監督は「再び過去を舞台にする計画はないですね」と断言。「前に進み続けないといけないんです。間違いなく、現代の物語になります」と述べて、物語の舞台が現代になることを明かした。


ただし監督いわく、「今言えるのはそれだけ。そこからどう物語が展開するかはまだ完全に決めていないんです」とのこと。『ジャスティス・リーグ』(2017)以前の物語となるのか、同作以後になるのか、詳しいことは定かでない。

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ところで『ワンダーウーマン1984』の公開まで一年以上ある以上、まだ気が早いかもしれないが、気になるのは第3作のキャストである。第2作への再登場が判明しているスティーブ・トレバー役のクリス・パインは、自身が第3作に登場しないと考えているそうだ。

Entertainment Tonightのインタビューに応じたパインは、「スティーブの出番は終わったと思いますよ」と端的にコメントして、『ワンダーウーマン 1984』が最後の出番となることを示唆した。「役割を果たしたと感じているんです。この世界の皆さんに幸運を祈りますよ」と語り、第3作の出演者・スタッフへのエールを送っている。

たしかに第3作が『ワンダーウーマン 1984』以降の“現代”、すなわち2020年以降を舞台とするならば、1917年を描いた『ワンダーウーマン』の時点で成人していたスティーブが生きている可能性はかなり低いだろう。しかし1980年代を舞台とする『ワンダーウーマン 1984』に、スティーブは前作とほぼ変わらぬ容姿で登場する。ファンとしては同じ現象が第3作でも起きることを期待したくなるところだが、パインの発言通りになってしまうのか、それとも…?

映画『ワンダーウーマン 1984』(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)は2020年6月5日に米国公開予定。『ワンダーウーマン』Blu-ray&DVDは発売中。

Sources: Entertainment Weekly, The Hollywood Reporter

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly