Menu
(0)

Search

ガル・ガドット、『ワンダーウーマン』第3作は今も「脚本作業中」と報告

『ワンダーウーマン 1984』
© 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

DCコミックスの人気コミックを映画化した『ワンダーウーマン』シリーズ第3作が準備中だ。ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス役で続投するガル・ガドットが米Forbesにて進捗状況を報告している。

話し合いをしていますよ!第3作のために脚本の作業中です。ですから、車輪は回っているし、『ワンダーウーマン3』が完成してファンに観に来てもらえること、すごく、すっごくワクワクしています。」

ガドットは具体的な情報こそ明かさなかったが、その口ぶりから第3作を載せた“車輪”は確実に前進しているようだ。

なお、今回と同じくガドットは、2021年6月のインタビューでも執筆が進んでいるという脚本に言及。その内容について質問されると、「それに答えたら連れていかれる」と答え、秘密保持を厳しく取り締まられていると匂わせていた。

現時点でガドットの他に出演が決定しているのは、アステリア役のリンダ・カーターのみ。カーターは、ドラマ「ワンダーウーマン」(1975‐1979)でオリジナルのワンダーウーマンを演じた俳優で、第3作では2世代のワンダーウーマンが共演を果たすことになる。

ダイアナの最愛の人であるスティーブ・トレバー役のクリス・パインはカムバックについて、「哀れなスティーブは死んだと思いますが、第3作の幸運を祈っています」と答え、復帰の可能性を否定していた。

Source:Forbes

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly