Menu
(0)

Search

「X-MENには強い女性が揃っている」 ─ 『X-MEN: ダーク・フェニックス』監督が明かす、今こそ語れるストーリーとメッセージ

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

マーベル映画『X-MEN』シリーズの最終章、『X-MEN: ダーク・フェニックス』が2019年6月21日(金)に公開される。監督を務めたサイモン・キンバーグは、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)で共同脚本を務め、以降すべての作品に脚本や製作として携わってきた、いわば“X-MENを知り尽くした男”だ。

このたび、公開に先がけてキンバーグ監督のインタビューが到着。本作で監督デビューとなったキンバーグは、「子どもの頃から、あらゆるコミックで一番好きなストーリーが『ダーク・フェニックス・サーガ』。監督をやる機会があるなら、特別な思いを込められるものにすべきだと思っていたんです」と意気込みを語っている。


X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

今だからこそ作れたヒーロー映画

キンバーグが『ダーク・フェニックス・サーガ』の映画化に挑むのは、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』以来2度目。当時を振り返って、監督は「当時後悔したのは、前日譚として語られなかったことでした」と話している。

「今回良かったのは、『ダーク・フェニックス・サーガ』に描かれている、善悪割り切れないキャラクターの複雑さを世界が受け止められるとスタジオ側が考えてくれたこと。それに、女性のヒーローを受け止めてもらえる時代です。だから、僕もそのポイントに着目しながらストーリーを組み立てることができた。このジャンルで女性ヒーローのストーリーを繰り返し語ることは、絶対に成功すると思えたんです。『キャプテン・マーベル』(2019)『ワンダーウーマン』(2017)みたいに。」

本作のキーパーソンは、ソフィー・ターナー演じるジーン・グレイと、ジェシカ・チャステイン演じる“謎の女”。女性がカギを握るヒーロー映画を作れたのは、まさに今の時代だからだという。

「ジーンだけでなく、ジェシカが演じるキャラクターも、ジェニファー・ローレンス演じるミスティークも、みんな強力なキャラクター。原作コミックからそうだと思うんです。『X-MEN』シリーズには最も強い女性キャラクターが揃っている。もちろん男性も強いんですが、その中でも特にジーンは強い。今回はそのことを語るいい機会だと思いました。」

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

またキンバーグ監督は、ジェシカ演じるヴィランに込められた強い思いも明かしている。

「彼女(ジェシカ)が演じるのはジーンのパワーを引き出すキャラクター。実際のところ、それはX-MENの行動とは逆なんです。彼らはジーンの力を抑制してコントロールしようとする。けれどもジェシカの役はジーンを自由にして、力を解き放てるようにするわけです。素晴らしい目的のためとは言えないかもしれないけれども、それは“自分の力を恐れるな”という重要なメッセージ。願わくば、映画を観た人がそのことを感じてくれたらと思います。」

本作が『X-MEN』シリーズの最終章となることについて、キンバーグ監督は「これをエンドとは呼びません」と語っている。「僕らの愛するキャラクターと俳優たちによる、ファミリー・ストーリーのコンビネーション。究極のストーリーなんです」

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『X-MEN: ダーク・フェニックス』

前作『X-MEN: アポカリプス』(2016)にて、ジーン・グレイが巨⼤なる脅威アポカリプスに致命的な⼀撃を与え、⼈類を救ってから10年。宇宙でのミッション中、ある事故によってジーンのダークサイドが覚醒し、内側に封じ込められていたもう一つの人格〈ダーク・フェニックス〉が解き放たれた。そして世界に危機が訪れる。全宇宙の破滅を止めるため、X-MENはジーンの〈悪〉に⽴ち向かうが……。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス役は、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)のソフィー・ターナー。主要キャストには2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル・ファスベンダー(マグニートー役)や『ミスター・ガラス』(2019)も記憶に新しいジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサーX役)、オスカー女優ジェニファー・ローレンス(ミスティーク役)らが続投。謎の女役には、多数の受賞歴を持つジェシカ・チャステインが起用された。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)全国ロードショー

『X-MEN: ダーク・フェニックス』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/

ジェシカ・チャステインのインタビューはこちら

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly