Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』Xウイング機体が国立航空宇宙博物館で展示へ

https://www.smithsonianmag.com/smithsonian-institution/star-wars-x-wing-starfighter-lands-national-air-and-space-museum-180977696/

「R2、出発するぞ!いいんだ、コースを変更する。合流はしない。スミソニアン博物館に行く」とルーク・スカイウォーカーが言ったかどうかはわからないが、アメリカはワシントンD.C.のスミソニアン博物館に、『スター・ウォーズ』のXウイング機体が展示されることが決定した。

Xウイングといえば、『スター・ウォーズ』の反乱軍やレジスタンスが駆る主力スターファイター。ルーク・スカイウォーカーら銀河の英雄たちと歴戦を共にした名機だ。

スミソニアン博物館は、国立航空宇宙博物館のアルベルト・アインシュタインプラネタリウムの展示エリアにXウイングを設置すると発表スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)の撮影で実際に使用されたものが登場するという。エクセゴルの最終決戦に参戦した、オレンジ色のT-70 Xウイングだ。T-70は、従来機より改良されたため小型化が実現している(“大きさは関係ない”と、わが小さき緑の友人は言っている)。

博物館のマーガレット・ワイテカンプ博士も相当な『スター・ウォーズ』ファンのようで、「T-70 Xウイングは次世代機で……」と解説している。「オリジナル3部作でルーク・スカイウォーカーが飛ばしていたのはT-65Bです。最大の違いはフォイルが分かれていること。それぞれにエンジンがついています。T-70では、各翼に大型エンジンを積んでいるんですね。攻撃態勢に入るとエンジンが2つの半球形に開いて分かれるんです」。

展示の機体は、現在は入念な清掃と損傷チェックを行っている最中だという。2022年後半に登場する予定だ。

ちなみに国際航空宇宙博物館は様々な映画にも登場していて、たとえば『ナイトミュージアム2』(2009)であったり、最近では『ワンダーウーマン 1984』(2020)でも舞台のひとつとなった。マーベル・シネマティック・ユニバースでキャプテン・アメリカの展示がなされているのもこの場所だ。もしも将来、国際航空宇宙博物館が映画やドラマのロケ地に使用されたら、このXウイングの機体が映り込むことがあり得るかも……?

Source:Smithonian Magazine

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly