Menu
(0)

Search

世界で自分しかビートルズを知らない「もしも」描く映画『Yesterday』日本公開が決定

YESTERDAY(原題)
©Universal Pictures.

「もしも突然、世界から『ビートルズ』というバンドが消えてしまったら?そして唯一、自分だけがビートルズの存在を覚えているとしたら?」というユニークなアイデアを映画化させた『YESTERDAY(原題)』が、2019年10月に日本公開されることがわかった。配給は東宝東和。

イエスタデイ(昨日)”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ。ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった。

ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが…。

監督はトレインスポッティング』シリーズや、『スラムドッグ・ミリオネア』(2008)でアカデミー賞8部門を受賞したダニー・ボイル監督。脚本を、『ラブ・アクチュアリー』(2003)や『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(2013)で知られる“ラブストーリーの名手”リチャード・カーティス。

主人公ジャックを演じるのは新鋭ヒメーシュ・パテル。幼なじみのエリー役は『ベイビー・ドライバー』(2017)のリリー・ジェームズ、ジャックのエージェントとなるマンディ役はリブート版『ゴーストバスターズ』(2016)のケイト・マッキノンが演じる。さらに『ブレードランナー 2049』(2017)のアナ・デ・アルマスや、人気ミュージシャンのエド・シーランも登場する。

『YESTERDAY(原題)』は2019年10月公開。『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)ではクイーン再ブームが社会現象化したが、本作でビートルズ・ブームは再燃するか。

合わせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly