Menu
(0)

Search

黒澤明監督『用心棒』ハリウッドドラマ化、「ゲーム・オブ・スローンズ」脚本家が手掛ける

『用心棒』
Toho Company Ltd./Photofest 写真:ゼータ イメージ

黒澤明監督による不朽の名作『用心棒』(1961)のハリウッドドラマシリーズ化企画が進行していることが明らかになった。米The Hollywood Reporterが報じている。

『用心棒』の舞台は、親分同士が縄張り争いを繰り広げる宿場町。そこに桑畑三十郎を名乗る得体の知れない浪人が現れる。危険な状況である故に、居酒屋の主人から町から出て行くことを勧められるが、自身を用心棒として雇うように親分たちに売り込む。やがて、親分同士を衝突させることになっていく。

報道によると、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011−2019)のブライアン・コグマンが、AmazonからeONEに包括契約の拠点を移して、正式に製作に乗り出すとのこと。2020年9月末頃、eONEとの間で協定を結んでいるMark Gordon Picturesが、『荒野の用心棒』(1964)のドラマシリーズ化企画のために、『用心棒』の権利もあわせて獲得していた。今回は、その時に報じられた片方の企画が正式始動したという訳だ。

現時点で、本作の物語については一切明かされていない。『荒野の用心棒』のように舞台を置き換えて製作されるのか、それとも実際に侍を登場させるのかも不明のため、今後の動向に注目したいところだ。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly