Menu
(0)

Search

『007』第25作、ボンドガールに『スペクター』レア・セドゥが再登板 ─ M、Q、マネーペニー役も続投、『ラ・ラ・ランド』撮影監督が参加

レア・セドゥ
Photo by nicolas genin https://commons.wikimedia.org/wiki/File:L%C3%A9a_Seydoux_66%C3%A8me_Festival_de_Venise_(Mostra).jpg Remixed by THE RIVER

ダニエル・クレイグ主演映画『007』第25作(タイトル未定)に、前作『007 スペクター』(2015)のボンドガール、マドレーヌ・スワン役のレア・セドゥが続投することがわかった。英Daily Mailが第一報を伝えたのち、米Varietyほか複数のメディアが報じている。

Daily Mailの記者バズ・バミボエ氏によると、今回の情報は『007』第25作で監督を務めるキャリー・ジョージ・フクナガから直接入手したものとのこと。Varietyも独自にレア・セドゥ続投の情報を掴んでいる。

マドレーヌ・スワンは『007 スペクター』のヒロインとなったボンドガールで、オーストリアの診療所に勤務している女性で、悪役フランツ・オーベルハウザー率いる組織「スペクター」との繋がりを有するミスター・ホワイトの娘という設定。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが続投を望み、キャリー監督も同意したという。
演じるセドゥは『007 スペクター』のほか、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)や『アデル、ブルーは熱い色』(2013)、『たかが世界の終わり』(2016)などに出演。大作映画への出演は前作以来となる。

またVarietyは、『007』シリーズを製作するイーオン・プロダクションズが、セドゥ以外に新たな女優2人のキャスティングを見込んでいると伝えている。一人はボンドと行動をともにするMI6のエージェント、もう一人は謎の女性役とのことだ。
さらにDaily Mailが監督から得た情報によると、本作にはM役のレイフ・ファインズQ役のベン・ウィショーミス・マネーペニー役のナオミ・ハリスが続投。『007 スカイフォール』(2012)以来のアンサンブルが、ボンドの活躍を再び強力に支えることになる。

2018年12月現在、『007』第25作は脚本作業が行われており、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)以来の全作品を執筆したニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、そしてキャリー監督が作業にあたっている。ボンド役のダニエルがライアン・ジョンソン監督作品『Knives Out(原題)』の撮影に入っているため、執筆にはもう少し余裕があるようだ。

なお英IndieWireによると、本作の撮影監督には『ラ・ラ・ランド』(2016)でアカデミー撮影賞を受賞したリヌス・サンドグレンが就任。サンドグレンは、同作を手がけたデイミアン・チャゼル監督の最新作『ファースト・マン』(2019年2月8日公開)でも撮影を担当している。

映画『007』第25作(タイトル未定)は2020年2月14日に世界公開予定(日本公開日は不明)。撮影は2019年3月よりイギリス・ロンドンにて行われる。

Sources: Daily Mail, Deadline, Variety, IW

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly