Menu
(0)

Search

『007』ダニエル・クレイグ、次期ボンド役にヒュー・ジャックマン案を即否定 ─ 自らネタにするヒュー、愛のある返し

Daniel Craig ダニエル・クレイグ Hugh Jackman ヒュー・ジャックマン
Photo by Liam Mendes https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Daniel_Craig_3,_2012.jpg|Photo by Dick Thomas Johnson https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Logan_Japan_Premiere_Red_Carpet-_Hugh_Jackman_(38445328406)_(rotated).jpg|Remixed by THE RIVER

007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』をもってジェームズ・ボンド役を卒業するダニエル・クレイグには、7代目ボンド役として自分の後を継いでほしくない俳優がいるようだ。『レ・ミゼラブル』(2012)や『X-MEN』シリーズなどで知られるヒュー・ジャックマンである。いったいなぜ……?

ヒューは、2004年に6代目ボンドのキャスティングが進められていた際、ダニエルと共に候補として名を連ねていたことで知られる。2代目ボンド役のジョージ・レーゼンビーと同じオーストラリア出身にして、ミュージカルで培った抜群の表現力と均整の取れたスタイルも相まってか、製作側からオファーがかかるほどの筆頭候補であった。

結果的に、ヒューは当時出演していた『X-MEN』に集中することを理由に、ボンド役のオファーを断ったことを明かしていたが、ウルヴァリン役を卒業した今ならどうだろうか。と、これについてヒューが回答する前に、現ボンド役のダニエルが海外メディアとのインタビューで「彼は候補になれないでしょうね」とバッサリ。「そんなことは僕がさせません」とまで答えている。

ダニエルによるこの発言をヒューは耳にしたようで、なんと自身のInstagramで該当のインタビュー映像を投稿。「これで噂も消えてしまいました!」と記している。

この投稿をInstagramで見る

Hugh Jackman(@thehughjackman)がシェアした投稿

ここまで読むと辛辣なようにも思えるが、実はダニエルとヒューは2007年初演のブロードウェイミュージカル「A Steady Rain」でW主演という形で仕事を共にしている仲。ダニエルの発言も気心の知れた関係だからこそのものなのだ。

投稿で、ヒューは「ダニエル、僕にとって君は永遠の『007』だ」と、ボンド役引退を控えた盟友に熱い言葉をかけている。もっとも、最後には「僕もやりますよ(I’m IN)」ともヒューは綴っているが、これは7代目ボンド役への立候補ということ……?

ちなみに、『007』シリーズのプロデューサーであるバーバラ・ブロッコリは、現時点で7代目による『007』シリーズについての企画は進められていないことを明かしている。キャスティングを含め、シリーズの将来については「来年(2022年)から考え始める予定」だという。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly