Menu
(0)

Search

『007』キャスティングディレクター、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラミ・マレック起用で学んだことを告白 ─ きっかけは『ボヘミアン・ラプソディ』

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

1981年公開の『007 ユア・アイズ・オンリー』から現在まで、『007』シリーズのキャスティングディレクターを務めてきたデビー・マクウィリアムスは、最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でのキャスティングプロセスで学んだことがあったようだ。そのきっかけとなったのが、悪役サフィン役を演じるラミ・マレックであるという。

マクウィリアムスは、3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーアから6代目ダニエル・クレイグまでのキャスティングディレクターを担当してきたシリーズには欠かせない存在。このたび米Entertainment Weeklyの取材で、マクウィリアムスはサフィン役のラミ・マレックをめぐる起用秘話を明かしている。

「私には、ラミ・マレックを起用しようと奔走していた不思議な期間がありました。ラミのエージェントに敬意を込めて言いますが、私が彼に会いたいと提案しても彼らは全然応じてくれなかったんです。ボンド映画ではたくさんの候補が出入りして、まず最初に(製作陣)全員と面会するので、すぐに契約とはならないんです。

ある時ちょうど、良いタイミングと場所にたまたま巡りあって。『ボヘミアン・ラプソディ』の試写に行くと、ラミがそこにいて、そのあとお酒の席で彼と挨拶を交わしました。その際、彼に“ジェームズ・ボンドの映画について、エージェントから何か連絡って来てます?”と聞いてみたんです。そしたら“来てない”って言うんですよ。だから私は、“ずっとあなたに会おうとしてたんです”って彼に伝えました。すぐに彼は電話して、次の日にはオフィスに来てくれましたけどね。」

製作側がマレックへのオファーを最初から検討していたにもかかわらず、まさかエージェントから共有されていなかったとは……。マクウィリアムスが『ボヘミアン・ラプソディ』の試写会に足を運んでいなければ、その後マレックと会えていなかったかもしれないし、あやうくサフィン役が別の役者に渡っていたかもしれない。

40年以上のキャリアを持つベテランでさえ、この一件から学んだことがあったという。「とても大胆であるべきだと学びました」とマクウィリアムス。「もし欲しているものがあるのであれば、自分から行って掴み取らなければいけないってことですね」と、シンプルながらも心に刺さるような教訓を明かしてくれた。

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly