Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』爆薬量の多さでギネス世界記録に認定されていた ─ ダニエル・クレイグ版では3度目

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグ最後の『007』シリーズ007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、ギネス世界記録に認定されていたことがわかった。ダニエル版シリーズでは、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)『007 スペクター』(2015)に続く3度目のギネス記録更新となる。

このたび『007』シリーズの米公式YouTubeチャンネルは、特殊効果スーパーバイザーのクリス・コーボールドがギネス認定までの経緯を説明する動画を投稿。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』が更新したギネス記録は、「映画の1テイク内の爆発で使用された史上最大の爆薬量」において。『007 カジノ・ロワイヤル』では「自動車の横転における最大回転数」、前作『007 スペクター』では「映画史上最大の爆破シーン」としてそれぞれギネス認定されているが、今回はまた別のカテゴリーで更新した。

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』がギネス記録に認定されたのは、2019年10月8日。英イングランドのソールズベリー平原で行われた撮影時だ。コーボールドによれば、ギネス記録挑戦のきっかけとなったのは、爆発シーンに携わった企業Event Horizonから『007 スペクター』で認定されたものとは別のカテゴリーが存在することを教えてもらったことだという。

「映画の1テイク内の爆発で使用された史上最大の爆薬量」の当時の記録は、65キログラム。一方『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、136.4キログラムの爆薬量が用いられ、倍以上の差をつけて記録を更新した。これを説明するコーボールドの表情は誇らしげだ。

説明によると、記録を更新した爆発は、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』のラストシーンのために実施されたもので、特殊効果を用いて劇中に挿入されたという。0:54〜が、劇中の該当シーンだろう。およそ16年間に渡ってジェームズ・ボンド役を全うしたダニエル・クレイグも、文字通りド派手に有終の美を飾ることとなった。

Source: Guinness World Records(1,2),007.com

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly