Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』海外OP興収が『ワイスピ』を大幅に上回る見込み、コロナ禍最大のヒットなるか

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

世界待望の公開を目前に控えた、ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンドとなる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、コロナ禍における最大の盛り上がりを見せてくれそうだ。米Deadlineによれば、本作の海外オープニング興行収入は9,000万ドル、日本円にしておよそ10億円超となる見込みだという。これは、同年5月に封切られた『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の6,950万ドルを大幅に上回る数字だ。

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、2021年9月29日のベルギー、韓国を皮切りに順次公開がスタート。翌30日には、本国イギリスをはじめ、ドイツ、イタリア、ブラジル、コロンビア、北欧諸国、香港、10月1日には日本やスペインと、各国で次々にお披露目となる。また、2週目の10月8日にはアメリカ、同月29日には世界最大の映画市場を持つ中国での公開が予定されており、冒頭のオープニング記録は氷山の一角にすぎないだろう。

このたびの9,000万ドルという興収予測額は、過去のダニエル版『007』シリーズに引けを取らない記録といっても良いだろう。2012年の『007 スカイフォール』と2015年の前作『007 スペクター』(2015)の海外オープニング興収は、それぞれ1億2,350万ドルと1億920万ドルという数字。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』がコロナ禍での公開ということを鑑みると、その人気が衰えていないことがわかる。

また、本作にかけられた大きな期待は、劇場チケットの前売り券の売れ行きからも推し量ることができる。ヨーロッパ最大級の映画館チェーンOdeon Cinemasのレポートによれば、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の前売り券の販売数は17万5,000枚とのこと。この後押しもあり、コロナ禍前の2019年9月と比較した2021年9月の劇場来場者数は10%増になると見立てられている。コロナ禍以降、売上不振にさいなまれてきたであろう映画館業界にとって、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』はジェームズ・ボンドさながら、まさに救世主である。

封切りに先がけ、本国イギリスではワールドプレミアが開催。『スカイフォール』のプレミアが行われたロイヤル・アルバート・ホールが会場に選ばれた。

この投稿をInstagramで見る

James Bond 007(@007)がシェアした投稿

会場には、主演ダニエル・クレイグをはじめ、レア・セドゥ、ラミ・マレック、ラシャーナ・リンチらキャストと、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン&バーバラ・ブロッコリ、そしてメガホンを取ったキャリー・フクナガ監督らが登場。6年ぶりにファンとの再会を果たした。また、現場には『007 ゴールデンアイ』(1995)から『スカイフォール』までM役を演じたジュディ・デンチや、ウィリアム王子&キャサリン妃、チャールズ皇太子らロイヤルファミリーも駆けつけ、ダニエル最後の『007』に華を添えた。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2021年10月1日(金)全国公開。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly