Menu
(0)

Search

米Amazon傘下となる『007』シリーズ、劇場公開を継続へ ─ プロデューサーが明言、ダニエル・クレイグもひと安心

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

6代目ジェームズ・ボンドを務めてきたダニエル・クレイグ卒業後の『007』シリーズは、劇場公開を継続していくようだ。プロデューサーを務めるバーバラ・ブロッコリが、最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』以降の新作から配給権を握ることになる米Amazonとの約束を明かした。

2021年5月、業界指折りのストリーミングサービスを提供するAmazonは、シリーズの製作を長年担当してきた米MGMを買収。この大きな動きは、劇場オンリーという従来の『007』シリーズの公開形態に、「配信」という選択肢が加わることを示唆するものでもあった。

しかし、このたび英Sky Newsの取材にて、1977年の『007 私を愛したスパイ』からシリーズに携わるバーバラ・ブロッコリが話したところによれば、Amazon側は『007』の伝統を重んじることを選んだようだ。「私たちは劇場公開のための映画製作に重きを置いてきました」とブロッコリ。これは買収直後に出した声明コメントでも話していたことだが、ブロッコリは今回改めて、「それが私たちの姿勢です」と断言した。

この揺るぎない姿に、Amazon側も敬意を示したのだろう。ブロッコリは「彼らは、私達に“今後作られる映画は劇場で公開されるための映画です”と間違いなく言いました」と、契約交渉時に交わされた約束を語った。

こうしたAmazon側の理解には、最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』でシリーズを卒業するダニエル・クレイグにとってもひと安心だったという。取材の同席していたダニエルは、もしも『007』シリーズが配信での公開になったら……?と想像し、「そうなったら悲しかったでしょうね」と率直な気持ちを明かしている。続けて、「ここまでそうやってきましたし、これからも映画で観るんです」と引退後のシリーズを後押しした。

現在、Amazon側が採用しているオリジナル作品の公開形式は、Prime Video上での配信公開が主流だ。そうした現状に『007』シリーズが新たな道を切り開く可能性もあるだろう。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2021年10月1日(金)全国公開。

Source: Sky News

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly