Menu
(0)

Search

「13の理由」最終シーズン、予告編が公開 ─ 新たな謎と秘密が浮上、全4シーズンいよいよ完結

13の理由
Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン1~3独占配信中。シーズン4は2020年6月5日(金)より独占配信開始。

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」最終シーズン(シーズン4)の予告編が公開された。世界的人気を誇る一大シリーズの完結編は、2020年6月5日(金)に独占配信開始となる。

「13の理由」はジェイ・アッシャーの同名小説を原作に、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)を手がけたトム・マッカーシー、歌手・女優のセレーナ・ゴメスが製作総指揮を務めてきた。シーズン1では、女学生ハンナ・ベイカーの自殺にまつわる“13の理由”をめぐって、周囲の人間関係や思惑などが、濃密な心理描写と演出をもって描かれた。衝撃的な内容、鮮やかなストーリーテリングで絶賛を浴びながら、配信後には10代の自殺が急増したとして大きな物議も醸したシリーズだ。その後、シーズン2・3が製作され、いよいよ今シーズンをもって物語が幕を閉じる。

「モンゴメリーはハメられた」。公開された映像では、リバティ高校に新たな問題と疑念の種が浮上していることがわかる。ふたたび悪意と駆け引き、青春の闇が、クレイやジェシカ、トニー、ジャスティン、ザックらおなじみの顔ぶれの中に広がることになりそうだ。いよいよ卒業を控えた彼らは、過去に葬った秘密を守り抜く必要に迫られ、そして人生を大きく揺るがす“苦渋の選択”と対峙することになる。そして、クレイが隠しているらしい「過去」とは何か。その秘密は、彼らの未来に何をもたらすのか。

主演はシリーズを通じてクレイ・ジェンセン役を演じてきた、『ドント・ブリーズ』(2016)のディラン・ミネット。ショーランナーにはブライアン・ヨーキーが続投している。シーズン1からのファンにとっては、物語も作風も、当初からはずいぶん遠いところにやってきたという印象があるだろう。どんな結末を迎えるのか、じっくりと見守ることにしよう。

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」シーズン1~3独占配信中。シーズン4は2020年6月5日(金)より独占配信開始

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly