Menu
(0)

Search

【夕刊】ビートルズ着想の映画に『IT』スタンリー役が主演/『エクソシスト』続編、『ハロウィン』監督に交渉中か/ロビン・ライト初監督作の米予告編

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2020年12月22日のトピックはこちら!

『ワンダーウーマン』ロビン・ライト初監督映画『Land』予告編が米公開

『ワンダーウーマン 1984』アンティオペ役などで知られる女優ロビン・ライトが初監督を務める長編映画『Land(原題)』の米予告編映像が公開された。ロッキー山脈の壮大で容赦ない自然を舞台とした、命を救われた女性と地元ハンターのドラマ。サンダンス映画祭でプレミア上映となった後、2021年2月12日より米公開となる。

Source:Collider

『エクソシスト』続編、『ハロウィン』監督に交渉中か

ホラー映画の金字塔、『エクソシスト』シリーズの続編映画が進行している模様だ。米Observerによると、『ハロウィン』(2018)のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督として交渉中で、製作会社「モーガン・クリーク」「ブラムハウス」が共同製作するとのこと。企画の真相は定かでないが、2020年8月にも『エクソシスト』リブート企画が進行中と報じられており、報道によると本企画と同じと見られている。

Source:Collider

ビートルズ着想の映画化企画『In My Life』に『IT/イット』スタンリー役が主演

ビートルズに着想を得たコメディドラマ映画『In My Life(原題)』に、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの幼き頃のクイル役や『IT/イット』シリーズのワイアット・オレフが参加することがわかった。ほか「マーベラス・ミセス・メイゼル」(2017-)のケヴィン・ポラック、『レミーのおいしいレストラン』(2007)のジャニーン・ガラファローの出演も発表されている。舞台は1965年。ジョン・レノンに憧れる16歳の少年エヴァンが、ロックスターと対面を果たすまでの奮闘劇が描かれる。ある日、同年の野外音楽祭ハリウッドボウルへの出演を控えるビートルズが、ビバリーヒルズに住むエヴァンの隣家に越してくることになり…。監督を務めるのは、『エボルバー』(1995)『シンデレラ・ストーリー』(2004)などのマーク・ロスマン。撮影は2021年5月にバンクーバーとロサンゼルスにて開始予定だ。

Source:Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly