『ローグ・ワン』から『バイオハザード』まで! 2016年12月公開の注目・オススメ映画5選!

2016年も残すところあと1か月。12月も『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』をはじめとする期待の注目作が目白押しだ。まだまだ話題のオススメ映画が数多く控えている2016年。今年のラストを飾る12月公開予定の注目・オススメ映画を5本まとめてご紹介!

7d996544022db3cbff4c6c4d6b700a86_l

ブレア・ウィッチ (12月1日 公開)

6万ドルという超低予算ながらも、全世界で大ヒットを記録した1999年公開の映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の正統なる続編。POV方式(ホームビデオ風の主観映像)で撮影された、トラウマ注意なミステリー・ホラー。

発表当初のタイトルは『ザ・ウッズ(The Woods)』だったが、今年7月開催の「サンディエゴ・コミコン」にて、正式タイトルの『ブレア・ウィッチ』がサプライズ発表。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の正統続編であることが明らかになった。メガホンを握るのは、Netfilixにて来年配信予定のアメリカ版『デスノート』を手掛けるアダム・ヴァンガード監督。

STORY

かつてヘザーは、“ブレアの魔女”をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、ブラック・ヒルズの森を訪れたまま消息を絶った。しかし彼女の失踪から20年後、弟のジェームズはYouTubeで姉らしき人物が映った映像を見つける。姉を救うため、そして“ブレアの魔女”の謎を解くために仲間たちと共にあの「森」に踏み込むのだが・・・。

オフィシャルサイトより引用

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (12月16日 公開)

スペースオペラの金字塔、『スター・ウォーズ』シリーズの初スピンオフ映画。デス・スターの設計図をめぐる決死のミッションを描いた、壮絶なサイドストーリー。『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を繋ぐ、架け橋となる物語。

監督は『GODZIILA ゴジラ』(’14)のギャレス・エドワーズ。主演を務めるのは、映画『インフェルノ』でヒロイン・シエナを演じた、今話題の女優フェリシティ・ジョーンズ。香港人俳優のドニー・イェンがアジア人で初めて、『スター・ウォーズ』のメインキャラクターを演じたことで話題に。ダース・ベイダーも姿を現す、今年最後の超期待作!

STORY

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。 銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。 その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。

オフィシャルサイトより引用

エルストリー1976 −新たなる希望が生まれた街− (12月17日 公開)

1977年公開の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で、スーツやヘルメットなどに身を包んだ、知られざる無名俳優の素顔に迫る、『スター・ウォーズ』を題材としたドキュメンタリー作品。ダース・ベイダーの“中の人”で有名なデヴィッド・プラウズをはじめ、ボバ・フェットのジェレミー・ブロックや、グリードのポール・ブレイクなど、『スター・ウォーズ』に関わった10名のキャストが出演している。

なお、タイトルの“エルストリー1976”とは、『スター・ウォーズ』の撮影が行われたイギリスのエルストリースタジオ、そして、1976年夏の撮影開始時期にちなんでいる。クラウドファンディングの『Kickstarter』にて製作資金を募り、4万2191ポンド(現在の日本円で約580万)を調達した。日本では今年の夏に開催された「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2016(カリコレ2016)」にて初上映。今回、遂に全国公開される。

Introduction

1976年夏、イギリスのエルストリースタジオではある映画が制作されていた。多くのアメリカ人とイギリス人俳優たちが、クレイジーなコスチュームとヘッドギアを着込み、 “ジョージ・ルーカス”ユニバースを埋め尽くした。彼らのほとんどが映画の内容も知らず、今後この作品が映画史に燦然と輝き、世界中のカルチャーに多大なる影響を及ぼすことなど想像もしていなかった。 本作のジョン・スピラ監督は、そんな彼らを探し当て、彼らが作り上げた不思議なコミュニティーに辿り着き、これほどまでの社会現象の影に生きる彼らを調査したのであった・・・。

オフィシャルサイトより引用

バイオハザード:ザ・ファイナル (12月23日 公開)

日本の大人気ゲームを原作とするミラ・ジョヴォビッチ主演の大ヒットシリーズ。日本からはモデルでタレントのローラが出演。女戦士・コバルト役で登場する。原作には登場しない映画オリジナルの新キャラクターだ。

日本公開は全世界最速となる12月23日。全米公開(来年1月27日)よりも約1か月ほど早い公開となる。ゲーム原作の映画としては異例の大ヒットを記録する本シリーズ。第6章にして遂にシリーズ完結だ!

STORY

アンデッドに立ち向かう人類最後の希望となった唯一の生存者アリスが、すべての悪夢がはじまった場所へ戻ることになる。ラクーンシティのハイブだ。そこでは巨大企業アンブレラ社が、人類唯一の生存者とのファイナル・バトルへ向けて全勢力を結集していた。

シネマトゥデイより引用

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (12月23日 公開)

91年にこの世を去った、伝説のジャズ・トランペット奏者、マイルス・デイヴィス。死没から早25年。彼の半生を描いた衝撃の伝記映画が遂に公開される。主演を務めるのは、『アイアンマン』シリーズのウォーマシン役で知られる、実力派俳優ドン・チードル。

『スター・ウォーズ』新三部作でオビ・ワン役を演じた名優ユアン・マクレガーが共演する。チードルは主演の他にも監督・脚本・制作を担当。筆者が書いたレビュー記事もあわせてご覧いただきたい。

STORY

1970年代後半のニューヨーク。長らく音楽活動を休止中のマイルス・デイヴィスの自宅に、彼のカムバック記事を書こうとしている音楽記者デイヴが押しかけてくる。しかし体調不良に苦しみ、ドラッグと酒に溺れるマイルスは、創作上のミューズでもあった元妻フランシスとの苦い思い出にも囚われ、キャリア終焉の危機に瀕していた。やがてデイヴと行動を共にするうちに、悪辣な音楽プロデューサーに大切なマスターテープを盗まれたマイルスは、怒りに駆られて危険なチェイスに身を投じていく。その行く手に待ち受けるのは破滅か、それとも再起への希望の光なのか……。

オフィシャルサイトより引用

 

About the author

1993年生まれ。北海道札幌市在住の自称シネフィル。ハリウッドの超大作からミニシアター系のコアな作品まで、ジャンルを問わずなんでも観ます。趣味は映画鑑賞のほか、ゲーム、国内旅行、読書など多岐にわたる。読みやすい文章を心がけ、多くの情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。