Menu
(0)

Search

2019年エミー賞候補発表、「ゲーム・オブ・スローンズ」32ノミネートで歴代記録更新 ─ 授賞式は9月23日、FOXチャンネルが日本独占生中継

エミー賞

2019年7月16日(米国時間)、第71回エミー賞(プライムタイム・エミー賞)の全ノミネートが発表された。9月23日(月・祝、日本時間)に開催される授賞式は、日本ではFOXチャンネルにて独占生中継される。

ノミネート作品のうち、際立った存在感を示したのは、社会現象的ヒットを巻き起こし、ドラマ史/映像メディア史に残るほどの人気を獲得したゲーム・オブ・スローンズ(2011-2019)。その功績を称える意味もあるだろう、32ものノミネートを記録し、1回のノミネート数としては史上最多記録を樹立した。全8シーズン、通算で161ノミネートという数字には目を見張る。今回、同作を追いかけるのは「マーベラス・ミセス・メイゼル」(2017-)の20ノミネート、米IMDbにて歴代最高評価を獲得したチェルノブイリ(2019)の19ノミネートだ。

ゲーム・オブ・スローンズ 第八章
The Final Season. View exclusive photos from #GameofThrones Season 8. Photo: Helen Sloan/HBO

また特筆すべきは、2018年のコーチェラで圧巻のパフォーマンスを見せたビヨンセに迫ったNetflixのドキュメンタリー映画『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』がバラエティ・スペシャル部門にて作品賞・脚本賞・演出賞・美術賞・衣裳賞・音楽演出賞の6部門にノミネートされていることだ。2019年のコーチェラはチャイルディッシュ・ガンビーノが話題をさらったが、その前年のビヨンセによるステージも見逃せない。まだ観ていない方は、ぜひこの機会に。

最多ノミネート数を記録した放送局は、「ゲーム・オブ・スローンズ」「チェルノブイリ」を生んだHBO(137ノミネート)。2015年に自社が樹立した126という記録を更新した。Netflixの117ノミネート、NBCの58ノミネート、Amazonの47ノミネートがそこに続く。なお、主な部門のノミネート一覧は以下の通りだ。

「チェルノブイリ」日本放送情報

ドラマ部門

作品賞

ベター・コール・ソウル」 (AMC)

「ボディガード -守るべきもの-」 (Netflix)

「ゲーム・オブ・スローンズ」 (HBO)

「キリング・イヴ/Killing Eve」(BBC America)

「オザークへようこそ」 (Netflix)

「POSE」 (FX)

「サクセッション」(HBO)

「THIS IS US 36歳、これから」 (NBC)

主演男優賞

ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」

スターリング・K・ブラウン「THIS IS US 36歳、これから」

キット・ハリントン「ゲーム・オブ・スローンズ」

ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」

ビリー・ポーター「POSE」

マイロ・ヴィンティミリア「THIS IS US 36歳、これから」

主演女優賞

エミリア・クラーク「ゲーム・オブ・スローンズ」

ジョディ・カマー「キリング・イヴ/Killing Eve」

ヴィオラ・デイヴィス「殺人を無罪にする方法」

ローラ・リニー「オザークへようこそ」

マンディ・ムーア「THIS IS US 36歳、これから」

サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」

ロビン・ライト「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

助演男優賞

アルフィー・アレン「ゲーム・オブ・スローンズ」

ジョナサン・バンクス「ベター・コール・ソウル」

ニコライ・コスター=ワルドー「ゲーム・オブ・スローンズ」

ピーター・ディンクレイジ「ゲーム・オブ・スローンズ」

ジャンカルロ・エスポジート「ベター・コール・ソウル」

マイケル・ケリー「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

クリス・サリヴァン「THIS IS US 36歳、これから」

助演女優賞

グェンドリン・クリスティー「ゲーム・オブ・スローンズ」

ジュリア・ガーナー「オザークへようこそ」

レナ・ヘディ「ゲーム・オブ・スローンズ」

フィオナ・ショウ「キリング・イヴ/Killing Eve」

ソフィー・ターナー「ゲーム・オブ・スローンズ」

メイジー・ウィリアムズ「ゲーム・オブ・スローンズ」

コメディ部門

作品賞

「バリー」 (HBO)

「Fleabag フリーバッグ」 (Amazon)

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly